ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

impixelregion

ピクセル領域ツール

説明

新しい Figure ウィンドウにピクセル領域ツールを作成するには、関数 impixelregion を使用します。ピクセル領域ツールは、イメージのピクセル値の確認を支援するものです。

ピクセル領域ツールは、ターゲット イメージ内のピクセルの小さな領域を大きくクローズアップしたビューを表示します。このツールは、ピクセル領域四角形と呼ばれる四角形を、ターゲット イメージの上に重ねて表示します。異なる領域のピクセルを表示するには、四角形をターゲット イメージの上でクリック アンド ドラッグするか、ピクセル領域ツールをスクロールします。ピクセル領域四角形のサイズを変更すると、ピクセル領域ツール内のピクセルの解像度を変更できます。ピクセルのサイズによっては、ツールは各ピクセル上で ピクセルの数値を重ねることもできます。

impixelregion は、現在の Figure 内に表示されたターゲット イメージと呼ばれるイメージに関連付けられたピクセル領域ツールを作成します。

impixelregion(h) は、ハンドル h で指定される Figure 内にピクセル領域ツールを作成します。

htool = impixelregion(___) は、ピクセル領域ツールの Figure のハンドルである htool を返します。

すべて折りたたむ

イメージを表示します。

imshow('peppers.png')

新しい Figure ウィンドウにピクセル領域ツールを作成します。このツールは、現在の Figure 内のイメージに関連付けられます。

impixelregion

入力引数

すべて折りたたむ

figure、axes、uipanel、または image グラフィックス オブジェクトのハンドル。ハンドルとして指定します。h が axes または figure ハンドルの場合、impixelregion は、findobj(H,'Type','image') が返した最初のイメージを使用します。

出力引数

すべて折りたたむ

ピクセル領域ツールの Figure のハンドル。ハンドルとして返されます。

ヒント

  • ツールに表示されるピクセルのクローズアップを取得するには、ピクセル領域ツールのツール バーのズーム ボタンを使用します。

  • ピクセル領域四角形の現在の位置を取得するには、四角形を右クリックして表示されたコンテキスト メニューから [位置のコピー] を選択します。ピクセル領域ツールは、4 要素の位置ベクトルをクリップボードにコピーします。ピクセル領域四角形の色を変更するには、右クリックして表示されたコンテキスト メニューから [色の設定] を選択します。

  • 既存の Figure ウィンドウまたは uipanel に組み込むことのできるピクセル領域ツールを作成するには、impixelregionpanel を使用します。

R2006a より前に導入