Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

線形モデルの同定

状態空間モデルや伝達関数モデルなど、インパルス応答モデル、周波数応答モデル、パラメトリック モデルの同定

線形モデルの同定は、線形モデルがシステムのダイナミクスを完全に捉えるのに十分である場合に使用します。線形モデルは System Identification アプリまたはコマンド ラインで同定できます。System Identification Toolbox™ により、4 種類の一般的な線形モデルの作成と推定が可能になります。

  • パラメトリック モデル — 伝達関数モデル、状態空間モデル、多項式モデル、プロセス モデルなど、構造体内のパラメーターを推定する。

  • 周波数応答モデル — スペクトル解析を使用してスペクトル モデルを推定する。

  • 相関モデル — 相関解析を使用してインパルス応答モデルのノンパラメトリックな推定を実行する。

  • 線形グレー ボックス モデル — 事前情報から取得するか、物理的原理から推定できるシステム情報を組み込み、任意の常微分方程式または差分方程式の係数を推定する。

線形モデルの同定には、周波数領域データまたは等間隔にサンプリングされた時間領域データが必要です。データは 1 つ以上の入力チャネルと出力チャネルをもつことができます。詳細については、About Identified Linear Modelsを参照してください。AR や ARMA などのパラメトリック モデル構造を使用して、単一の出力チャネルが含まれ、入力チャネルが含まれない時系列データをモデル化することもできます。

同定されたモデルを使用して、コマンド ラインやアプリ、あるいは Simulink® でモデルの出力をシミュレートし予測することができます。

注目の例