Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

合成スクリプト

合成ツールを選択

合成スクリプトの生成を有効または無効にし、HDL Coder™ が生成するスクリプトの対象の合成ツールを選択します。

設定

既定の設定: なし

なし

[なし] を選択すると、合成スクリプトは生成されません。[合成スクリプト] ペインのフィールドがクリアされ、無効になります。

Xilinx ISE

Xilinx® ISE 用の合成スクリプトを生成します。このオプションを選択した場合、本製品は次の処理を行います。

  • [合成スクリプト] ペインのフィールドを有効にします。

  • [合成ファイルの接尾辞]_ise.tcl に設定します。

  • [合成の初期化][合成コマンド] および [合成の終了] フィールドにツールの Tcl スクリプト コードを入力します。

Microsemi Libero

Microsemi Libero 用の合成スクリプトを生成します。このオプションを選択した場合、本製品は次の処理を行います。

  • [合成スクリプト] ペインのフィールドを有効にします。

  • [合成ファイルの接尾辞]_libero.tcl に設定します。

  • [合成の初期化][合成コマンド] および [合成の終了] フィールドにツールの Tcl スクリプト コードを入力します。

Mentor Graphics Precision

Mentor Graphics® Precision 用の合成スクリプトを生成します。このオプションを選択した場合、本製品は次の処理を行います。

  • [合成スクリプト] ペインのフィールドを有効にします。

  • [合成ファイルの接尾辞]_precision.tcl に設定します。

  • [合成の初期化][合成コマンド] および [合成の終了] フィールドにツールの Tcl スクリプト コードを入力します。

Altera Quartus II

Altera® Quartus II 用の合成スクリプトを生成します。このオプションを選択した場合、本製品は次の処理を行います。

  • [合成スクリプト] ペインのフィールドを有効にします。

  • [合成ファイルの接尾辞]_quartus.tcl に設定します。

  • [合成の初期化][合成コマンド] および [合成の終了] フィールドにツールの Tcl スクリプト コードを入力します。

Synopsys Synplify Pro

Synopsys® Synplify Pro® 用の合成スクリプトを生成します。このオプションを選択した場合、本製品は次の処理を行います。

  • [合成スクリプト] ペインのフィールドを有効にします。

  • [合成ファイルの接尾辞]_synplify.tcl に設定します。

  • [合成の初期化][合成コマンド] および [合成の終了] フィールドにツールの Tcl スクリプト コードを入力します。

Xilinx Vivado

Xilinx Vivado® 用の合成スクリプトを生成します。このオプションを選択した場合、本製品は次の処理を行います。

  • [合成スクリプト] ペインのフィールドを有効にします。

  • [合成ファイルの接尾辞]_vivado.tcl に設定します。

  • [合成の初期化][合成コマンド] および [合成の終了] フィールドにツールの Tcl スクリプト コードを入力します。

カスタム

カスタムの合成スクリプトを生成します。このオプションを選択した場合、本製品は次の処理を行います。

  • [合成スクリプト] ペインのフィールドを有効にします。

  • [合成ファイルの接尾辞]_custom.tcl に設定します。

  • [合成の初期化][合成コマンド] および [合成の終了] フィールドに Tcl スクリプト コードの例を入力します。

コマンド ライン情報

プロパティ: HDLSynthTool
型: 文字ベクトル
値: 'None' | 'ISE' | 'Libero' | 'Precision' | 'Quartus' | 'Synplify' | 'Vivado' | 'Custom'
既定の設定: 'None'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

参考

合成ファイルの接尾辞

生成された合成スクリプトのファイル名に付加される接尾辞を指定します。

設定

既定の設定: なし

合成ツールの選択 ([合成ツールを選択] プルダウン メニューから) により、生成される合成ファイル名の接尾辞が以下のいずれかに設定されます。

_ise.tcl
_libero.tcl
_precision.tcl
_quartus.tcl
_synplify.tcl
_vivado.tcl
_custom.tcl

たとえば、DUT の名前が my_design で、Synopsys Synplify Pro 合成ツールを選択した場合は、接尾辞 _synplify.tcl が付加され、my_design_synplify.tcl という名前になります。

依存関係

この設定を使用するには、[合成ツールを選択] プロパティまたは HDLSynthTool プロパティが None 以外の値に設定されていなければなりません。

コマンド ライン情報

プロパティ: HDLSynthFilePostfix
型: 文字ベクトル
既定の設定: なし

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

参考

合成の初期化

合成スクリプトの初期化セクションを書き込むために fprintf へ渡される書式名。

設定

既定の設定: なし

合成ツールの選択 ([合成ツールを選択] プルダウン メニューから) によって、[合成の初期化] に文字列が設定されます。文字列の内容は選択された合成ツールに固有です。

既定は、合成スクリプトの Init セクションを書き込むために fprintf に書式文字列として渡される合成プロジェクト作成コマンドです。暗黙的な引数 %s は最上位のモジュールまたはエンティティの名前です。

依存関係

この設定を使用するには、[合成ツールを選択] プロパティまたは HDLSynthTool プロパティが None 以外の値に設定されていなければなりません。

コマンド ライン情報

プロパティ: HDLSynthInit
型: 文字ベクトル
既定の設定: なし

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

参考

合成コマンド

合成コマンドを書き込むために fprintf に渡される書式名。

設定

既定の設定: なし

合成ツールの選択 ([合成ツールを選択] プルダウン メニューから) により [合成コマンド] の文字列が設定されます。文字列の内容は選択された合成ツールに固有です。

既定は、合成スクリプトの Cmd セクションを書き込むために fprintf へ渡される書式文字列です。暗黙的な引数 %s はエンティティまたはモジュールのファイル名です。

さまざまなツールの合成スクリプトを生成するときの問題を回避するには、両方の書式指定子 (%s) を保持します。

依存関係

この設定を使用するには、[合成ツールを選択] プロパティまたは HDLSynthTool プロパティが None 以外の値に設定されていなければなりません。

コマンド ライン情報

プロパティ: HDLSynthCmd
型: 文字ベクトル
既定の設定: なし

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

参考

合成の終了

合成スクリプトの終了部分を書き込むために fprintf へ渡される書式名を指定します。

設定

既定の設定: なし

合成ツールの選択 ([合成ツールを選択] プルダウン メニューから) により [合成の終了] の文字列が設定されます。文字列の内容は選択された合成ツールに固有です。

既定は、合成スクリプトの Term セクションを書き込むために fprintf へ渡される書式名です。終了文字列は引数を取りません。

依存関係

この設定を使用するには、[合成ツールを選択] プロパティまたは HDLSynthTool プロパティが None 以外の値に設定されていなければなりません。

コマンド ライン情報

プロパティ: HDLSynthTerm
型: 文字ベクトル
既定の設定: なし

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

参考

合成プロジェクトに追加するファイル

追加の HDL または制約ファイルを合成プロジェクトに含めます。

設定

既定の設定: '' (ファイルを追加しない)

HDL ソース ファイル (.v, .vhd) や制約ファイル (.ucf) など、合成プロジェクトに含める追加のプロジェクト ファイルを、文字ベクトルとして指定します。ファイル名は、セミコロン (;) で区切ります。

この設定は Tcl ファイルを含めるためには使用できません。合成プロジェクトの Tcl ファイルを指定するには、hdlcoder.WorkflowConfig オブジェクトの AdditionalProjectCreationTclFiles プロパティを使用してください。

コマンド ライン情報

プロパティ: SynthesisProjectAdditionalFiles
型: 文字ベクトル
既定の設定: ''

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

参考