Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

RTL の注釈のパラメーター

このページでは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [HDL コード生成][グローバル設定][コーディング スタイル] タブにあるパラメーターについて説明します。

Verilog `timescale 文の記載を指定

生成された Verilog® コード内でコンパイラの `timescale 命令の使用を指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

生成された Verilog コード内でコンパイラの `timescale 命令を使用します。

オフ

生成された Verilog コード内でコンパイラの `timescale 命令の使用を抑制します。

ヒント

`timescale 命令は、Verilog ファイル内の複数のモジュールについて異なる遅延値を指定する方法を提供します。この設定は、生成されたテスト ベンチには影響しません。

依存関係

このオプションは、ターゲット言語 ([言語] オプションで指定) が Verilog の場合に有効になります。

コマンド ライン情報

プロパティ: UseVerilogTimescale
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

Verilogtimescale 仕様

生成された Verilog コードで使用する時間スケールを指定します。

設定

既定の設定: `timescale 1 ns/1 ns

HDL Coder™ では、このオプションを生成された Verilog コードの timescale 命令に適用します。既定の時間スケールをカスタマイズして、コンパイル可能な有効な timescale 命令を指定できます。この命令を使用して、Verilog 言語で遅延値の計算に使用される時間単位と精度が判別されます。

既定では、時間単位と精度はどちらも 1ns です。たとえば、時間スケールを `timescale 1 ns/1 ps にカスタマイズすると、遅延単位は 1ns になり、値の精度は最も近い 1 ps になります。

依存関係

このオプションは、次の場合に有効になります。

  • ターゲット言語 ([言語] オプションで指定) が Verilog の場合。

  • [timescale 文の記載を指定] オプションが有効になっている場合。

コマンド ライン情報

プロパティ: Timescale
型: 文字ベクトル
値: 有効な時間スケール値の文字ベクトル
既定の設定: `timescale 1 ns/1 ns

インラインの VHDL コンフィギュレーション

生成された VHDL® コードにインライン コンフィギュレーションを含めるかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

コンポーネントをインスタンス化するファイル内に VHDL コンフィギュレーションを含めます。

オフ

コンフィギュレーションの生成を抑制し、ユーザー指定の外部コンフィギュレーションを必要とします。独自の VHDL コンフィギュレーション ファイルを作成する場合は、この設定を使用します。

ヒント

HDL コンフィギュレーションは、エンティティに対する VHDL コードと共にインライン化するか、別の VHDL ソース ファイル内にエクスターナル化することができます。既定では、HDL Coder は生成した VHDL コードにモデルのコンフィギュレーションを含めます。独自の VHDL コンフィギュレーション ファイルを作成する場合は、インライン コンフィギュレーションの生成を抑制してください。

依存関係

このオプションは、ターゲット言語 ([言語] オプションで指定) が VHDL の場合に有効になります。

コマンド ライン情報

プロパティ: InlineConfigurations
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

固定値の表示方法の設定

生成された VHDL コード内で連続したゼロの構文の使用を指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

連続したゼロについてタイプ セーフ構文、'0' & '0' を使用します。通常、この構文が推奨されます。

オフ

連続したゼロについて構文 "000000..." を使用します。この構文の方が読みやすく、よりコンパクトですが、あいまいなタイプになる可能性があります。

依存関係

このオプションは、ターゲット言語 ([言語] オプションで指定) が VHDL の場合に有効になります。

コマンド ライン情報

プロパティ: SafeZeroConcat
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

難読化された HDL コードの生成

難読化された HDL コードの生成を指定します。難読化を使用すると、知的財産を明示せずにサードパーティと HDL コードを共有することができます。難読化により、コードの可読性が低下します。生成された HDL コードにコメント、改行、またはスペースがない場合は、識別子名を他のランダムな名前と置き換えます。

設定

既定の設定: オフ

オン

難読化された HDL コードを生成します。

オフ

難読化された HDL コードを生成しません。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[HDL コードを生成] チェック ボックスを選択しなければなりません。

コマンド ライン情報

プロパティ: ObfuscateGeneratedHDLCode
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

  • makehdl を使用して難読化された HDL コードを生成するには、次を行います。

    makehdl('dutname', 'ObfuscateGeneratedHDLCode', 'on')

  • hdlset_param を使用して難読化された HDL コードを生成するには、次を行います。

    hdlset_param('modelname', 'ObfuscateGeneratedHDLCode', 'on')
    makehdl('dutname')