Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

クロック入力信号

クロック信号生成

テスト ベンチがクロック入力信号を生成するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

テストベンチがクロック入力信号を生成します。このオプションが選択されると、クロック High とクロック Low の設定によりクロックの波形が制御されます。

オフ

ユーザー定義の外部ソースがクロック入力信号を生成します。

依存関係

このプロパティによって [クロック High 時間][クロック Low 時間] オプションが有効になります。このオプションはモデル全体を選択した場合は無効になります。[HDL を生成] 設定で DUT を選択してください。

コマンド ライン情報

プロパティ: ForceClock
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

クロック High 時間 (ns)

テスト ベンチがクロック入力信号を High (1) にする期間をナノ秒単位で指定します。

設定

既定の設定: 5

[クロック High 時間] および [クロック Low 時間] プロパティはクロック信号の周期とデューティ比を定義します。既定の設定を使用すると、クロック信号は 10 ns 周期の矩形波 (50% デューティ比) になります。

依存関係

このパラメーターは、[クロック信号生成] が選択された場合に有効になります。

コマンド ライン情報

プロパティ: ClockHighTime
タイプ: 整数
値: 正の整数
既定の設定: 5

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

クロック Low 時間 (ns)

テスト ベンチがクロック入力信号を Low (0) にする期間をナノ秒単位で指定します。

設定

既定の設定: 5

[クロック High 時間] および [クロック Low 時間] プロパティはクロック信号の周期とデューティ比を定義します。既定の設定を使用すると、クロック信号は 10 ns 周期の矩形波 (50% デューティ比) になります。

依存関係

このパラメーターは、[クロック信号生成] が選択された場合に有効になります。

コマンド ライン情報

プロパティ: ClockLowTime
タイプ: 整数
値: 正の整数
既定の設定: 5

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。