Main Content

addAXI4StreamInterface

クラス: hdlcoder.ReferenceDesign
パッケージ: hdlcoder

AXI4-Stream インターフェイスを追加する

R2020a 以降

構文

addAXI4StreamInterface('MasterChannelConnection',Master_Channel_Port,'SlaveChannelConnection',Slave_Channel_Port)
addAXI4StreamInterface('MasterChannelConnection',Master_Channel_Port,'SlaveChannelConnection',Slave_Channel_Port), Name,Value

説明

addAXI4StreamInterface('MasterChannelConnection',Master_Channel_Port,'SlaveChannelConnection',Slave_Channel_Port) は、hdlcoder.ReferenceDesign オブジェクトに AXI4-Stream インターフェイスを追加します。

addAXI4StreamInterface('MasterChannelConnection',Master_Channel_Port,'SlaveChannelConnection',Slave_Channel_Port), Name,Value は、1 つ以上の Name,Value ペア引数で追加オプションを指定して、AXI4-Stream インターフェイスを追加して定義します。

入力引数

すべて展開する

IP コア AXI4-Stream マスター インターフェイスに接続されているリファレンス設計の端子。文字ベクトルとして指定します。この端子は AXI4-Stream スレーブ インターフェイスでなければなりません。master_channel_enabletrue の場合は、master_channel_port を指定する必要があります。

例: 'axi_dma_0/S_AXIS_S2MM'

IP コア AXI4-Stream スレーブ インターフェイスに接続されているリファレンス設計の端子。文字ベクトルとして指定します。この端子は AXI4-Stream マスター インターフェイスでなければなりません。slave_channel_numbertrue の場合は、slave_channel_port および slave_channel_data_width を指定する必要があります。

例: 'axi_dma_0/M_AXIS_MM2S'

ヒント

複数の AXI4-Stream インターフェイスをリファレンス設計に追加するには、追加するインターフェイスの数に応じて addAXI4StreamInterface メソッドを複数回呼び出します。追加のインターフェイスごとに、固有の InterfaceID を指定します。

名前と値の引数

オプションの引数ペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN で指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数より後に配置する必要がありますが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、名前と値をそれぞれコンマを使って区切りName を引用符で囲みます。

リファレンス設計に追加する AXI4-Stream インターフェイスの名前。文字ベクトルとして指定します。複数の AXI4-Stream インターフェイスを作成する場合は、必ずインターフェイスごとに固有の名前を指定してください。

例: 'InterfaceID','AXI4-Stream1'

マスター チャネルのイネーブル信号。true または false として指定します。既定では、MasterChannelEnabletrue であるため、master_channel_port を指定する必要があります。スレーブ チャネルのみが含まれたリファレンス設計を使用するには、MasterChannelEnablefalse に設定し、master_channel_port は指定しません。

例: 'MasterChannelEnable','false'

スレーブ チャネルのイネーブル信号。true または false として指定します。既定では、SlaveChannelEnabletrue であるため、slave_channel_port を指定する必要があります。マスター チャネルのみが含まれたリファレンス設計を使用するには、SlaveChannelEnablefalse に設定し、slave_channel_port は指定しません。

例: 'SlaveChannelEnable','false'

リファレンス設計のマスター チャネルの TDATA のビット幅。正の整数として指定します。既定では、master_channel_data_width32 ビットです。

例: 'MasterChannelDataWidth',32

リファレンス設計のスレーブ チャネルの TDATA のビット幅。正の整数として指定します。既定では、slave_channel_data_width32 ビットです。

例: 'SlaveChannelDataWidth',32

AXI4-Stream インターフェイスが DMA を介してプロセッサに接続されるかどうかを指定します。IP コア AXI4-Stream インターフェイスでデバイス ツリー生成を有効にするには、この値を true に設定します。

例: 'HasDMAConnection','true'

登録されているデバイス ツリー内の対応する S2MM DMA ノードへの参照。登録されているデバイス ツリー内の対応する S2MM DMA ノードの名前に一致するように値を設定します。デバイス ツリー ノードへの参照は "&" で始まる必要があります。ノードをラベルで参照するには、ラベルの前に "&" を指定します (たとえば、"&myLabel")。ノードをパスで参照するには、"&{" および "}" で囲んでパスを指定します (たとえば、"&{/myNode/childNode}")。

この値を指定するには、MasterChannelEnabletrue に設定します。

例: 'DeviceTreeMasterChannelDMANode','&axi4stream_s2mm'

登録されているデバイス ツリー内の対応する MM2S DMA ノードへの参照。登録されているデバイス ツリー内の対応する MM2S DMA ノードの名前に一致するように値を設定します。デバイス ツリー ノードへの参照は "&" で始まる必要があります。ノードをラベルで参照するには、ラベルの前に "&" を指定します (たとえば、"&myLabel")。ノードをパスで参照するには、"&{" および "}" で囲んでパスを指定します (たとえば、"&{/myNode/childNode}")。

この値を指定するには、SlaveChannelEnabletrue に設定します。

例: 'DeviceTreeSlaveChannelDMANode','&axi4stream_m2ss'

バージョン履歴

R2020a で導入