Main Content

ターゲット プラットフォーム デバイスのカスタマイズ

ターゲット プラットフォームおよび必要なコード機能に関する情報のコード ジェネレーターへの提供

ターゲット デバイスに対して、コード ジェネレーターにターゲット プラットフォームおよび必要なコード機能に関する情報を提供するシステム ターゲット ファイルを選択します。次のことも実行できます。

  • target パッケージを使用して、サポートされるハードウェアの範囲を拡大する。

  • 関数と演算子のコード置換ライブラリを使用するようにコード ジェネレーターを構成する。

パッケージ

targetターゲット ハードウェア情報の管理

クラス

target.Aliasターゲット オブジェクトの代替識別子を作成
target.LanguageImplementationC および C++ コンパイラの実装の詳細を提供
target.Objectターゲット タイプの基底クラス
target.Processorターゲット プロセッサ情報の提供

関数

target.addターゲット オブジェクトを内部データベースに追加
target.createターゲット オブジェクトを作成
target.exportターゲット オブジェクトのデータをエクスポート
target.get内部データベースからのターゲット オブジェクトの取得
target.remove内部データベースからのターゲット オブジェクトの削除
target.upgradeハードウェア デバイスの既存の定義をアップグレードする

トピック