最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

coeffs

説明

s = coeffs(sysobj) は、フィルター System object™ sysobj の係数を構造体 s で返します。

s = coeffs(sysobj,'Arithmetic',arithType) は、arithType で指定された演算を使用してフィルター System object sysobj のフィルター係数を返します。

すべて折りたたむ

FIRHalfbandInterp = dsp.FIRHalfbandInterpolator('Specification',...
    'Filter order and transition width','FilterOrder',26);
C = coeffs(FIRHalfbandInterp);
C.Numerator
ans = 1×27

    0.0525         0   -0.0379         0    0.0537         0   -0.0771         0    0.1172         0   -0.2060         0    0.6345    1.0000    0.6345         0   -0.2060         0    0.1172         0   -0.0771         0    0.0537         0   -0.0379         0    0.0525

% Impulse response of the filter
fvtool(FIRHalfbandInterp,'impulse')

入力引数

すべて折りたたむ

解析時に使用する演算を指定します。演算入力が指定されず、フィルター System object がロック解除状態の場合、解析ツールは倍精度フィルターを使用します。'Arithmetic' プロパティを 'Fixed' に設定すると、固定小数点プロパティをもつフィルター System object にのみ適用されます。

出力引数

すべて折りたたむ

フィルター係数を含む単一のフィールド Numerator をもつ構造体。

R2011a で導入