Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

内挿

内挿曲線または内挿曲面による近似、既知のデータ点間の値の推定

内挿は、既知のデータ点間の値を推定するための手法です。内挿を使用して、観測データの平滑化、欠損データの補間、予測を行います。Curve Fitting Toolbox™ の関数では、曲線や曲面でデータを近似して内挿を実行できます。詳細は、内挿法を参照してください。

曲線近似アプリを使用して、内挿曲線近似または内挿曲面近似を行うことができます。コマンド ラインで関数 fit を使用して、内挿曲線近似または内挿曲面近似を行うこともできます。内挿近似の選択の詳細については、内挿近似の選択を参照してください。

アプリ

曲線近似曲線や曲面によるデータへの近似

関数

excludedata近似からデータを排除
fit曲線または曲面によるデータへの近似
fittype曲線近似および曲面近似の近似タイプ
fitoptions近似オプション オブジェクトを作成または変更する
get近似オプションの構造体のプロパティの名前と値を取得する
set近似オプションの構造体への値の割り当て
fevalcfitsfit または fittype オブジェクトの評価
prepareCurveData データ入力を曲線近似用に準備する
prepareSurfaceDataデータ入力を曲面近似用に準備する

トピック

内挿近似の選択

曲線近似アプリまたは関数 fit での内挿モデルによる近似。

内挿法

曲線および曲面の既知のデータ点間の値を推定するための内挿法。

ノンパラメトリック近似

内挿および平滑化スプラインによりデータから滑らかな曲線または曲面を作成するノンパラメトリック近似。