Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

get

近似オプションの構造体のプロパティの名前と値を取得する

説明

get(options) は、近似オプションの構造体 options のすべてのプロパティの名前と値を表示します。

s = get(options) は、近似オプションの構造体 options のコピーを構造体 s として返します。

value = get(options,field) は、近似オプションの構造体 options のプロパティ field の値を返します。field は文字ベクトルの cell 配列となる場合があり、その場合は、value も cell 配列です。

すべて折りたたむ

構造体 fitoptions を作成し、関数 get を呼び出してそのプロパティ値を取得します。

options = fitoptions('fourier1');
methodOptions = get(options,'Method')
maxIterOptions = get(options,'MaxIter')
set(options,'Maxiter',1e3);
maxIterOptions = get(options,'MaxIter')
methodOptions =

    'NonlinearLeastSquares'

maxIterOptions =

   400

maxIterOptions =

        1000

プロパティ値は、ドット表記を使用して参照し、割り当てることもできます。以下に例を示します。

options.MaxIter
ans =
        1000
options.MaxIter = 500;
options.MaxIter
ans =
   500

入力引数

すべて折りたたむ

プロパティの名前と値を取得する fitoptions オブジェクト。fitoptions オブジェクトとして指定します。

取得する fitoptions オブジェクト options のプロパティ値。文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として指定します。

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

fitoptions オブジェクトのコピー。fitoption オブジェクトとして返されます。

fitoptions オブジェクト s のプロパティ値。スカラー、ベクトル、行列、または cell として返されます。

参考

|

R2006a より前に導入