Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル タイプを決定するルール

connect を使用して frd モデル以外の数値 LTI モデルを組み合わせる場合、結果のモデルは状態空間 (ss) モデルとなります。その他の相互接続コマンドの場合、結果のモデルは次の優先順位で決められます。

ss > zpk > tf > pid > pidstd

たとえば、ss モデルを pid モデルと接続します。

P = ss([-0.8,0.4;0.4,-1.0],[-3.0;1.4],[0.3,0],0);
C = pid(-0.13,-0.61);
CL = feedback(P*C,1)

ss モデルは数値 LTI モデルのうちで最高の優位をもちます。そのため、任意のモデル相互接続コマンドを使って PC を結合すると、ss モデルが返されます。

数値 LTI モデルを一般化 LTI モデルまたは制御設計ブロックと結合すると、一般化 LTI モデルが出力されます。

たとえば、ss モデル CL を制御設計ブロックと接続します。

F = tunableTF('F',0,1);
CLF = F*CL

CLFgenss モデルです。

周波数応答モデル (frd または genfrd) を含むすべての接続が周波数応答モデルを出力します。

メモ

接続操作を行う前に、すべてのモデルは自動的に結果のモデル タイプに変換されます。

参考

| | |

関連する例

詳細