最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデルの低次元化

モデルの低次元化、低次元近似、極-零点相殺

低次元化されたモデルを使用すると、解析および制御設計を簡略化できます。簡略化されているモデルの方が、高次のモデルより理解も操作もしやすくなります。複雑な Simulink® モデルの線形化により得られた高次のモデル、相互接続モデル要素またはその他のソースに状態を含めることができますが、この状態はアプリケーションにとって特に重要なダイナミクスに役立つことはあまりありません。[Model Reducer] アプリ、ライブ エディターの [モデル次数の低次元化] タスク、または balred および minreal などの関数を使用して、アプリケーションにとって重要なモデルの特性を維持したままモデルの次数を減らします。

モデルの次元を減らす方法の詳細については、モデルの低次元化の基礎を参照してください。

アプリ

Model Reducer線形時不変 (LTI) モデルの複雑度を低減

ライブ エディター タスク

モデル次数の低次元化ライブ エディターで線形時不変 (LTI) モデルの複雑度を低減

関数

すべて展開する

balredモデル次数の低次元化
balredOptionsモデル低次元化のためのオプション セットを作成する
balreal状態空間実現のグラミアンに基づく入出力の平衡化
hsvd動的システムのハンケル特異値
hsvplotハンケル特異値をプロットし、プロット ハンドルを返す
hsvdOptionsハンケル特異値と入力/出力バランシングを計算するためのオプション セットを作成する
minreal最小実現、または極-零点相殺
sminreal構造的極零相殺
modred状態空間モデルからの状態の除去
freqsep低速/高速分解
freqsepOptions低速/高速分解のオプション

トピック

モデルの低次元化の基礎

モデル次数の低次元化により理解も操作もしやすい簡単なモデルを提供することで、解析と制御設計を簡略化する。

Model Reducer アプリを使用したモデル次数の低次元化

重要なダイナミクスを維持した状態でモデル次数を対話的に低次元化する。

ライブ エディターでのモデルの低次元化

モデル次数の低次元化タスクを使用して、モデルの低次元化を対話的に実行し、ライブ スクリプトにコードを生成する。

平衡化打ち切りによるモデルの低次元化

エネルギーの寄与が比較的少ない状態を削除することにより、高次のモデルの低次近似を計算します。

極-零点の簡略化

極-零点のペアを相殺するか、全体のモデル応答に影響しない状態を削除することによりモデルを低次元化する。

モードの選択によるモデルの低次元化

特定の周波数範囲の外側にある極を排除してモデルを低次元化する。

低次元化されたモデルの Model Reducer アプリによる可視化

元のモデルと低次元化されたモデルの時間領域と周波数領域の応答を調査および比較する。