最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

qfunc

説明

y = qfunc(x) は、実数配列 x の各要素に対して Q 関数の出力を返します。Q 関数は 1 から標準化された正規確率変数の累積分布関数を減算したものです。

入力引数

すべて折りたたむ

入力。実数のスカラーまたは配列として指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

Q 関数出力。入力 x と同じ次元をもつ実数のスカラーまたは配列として返されます。

すべて折りたたむ

入力ベクトルに対する Q 関数の値を求めます。

x = -4:0.1:4;
y = qfunc(x);

結果をプロットします。

plot(x,y)
grid

dB 単位の入力の Eb/No を線形の等価に変換します。

ebnodB = 7;
ebno = 10^(ebnodB/10);

以下の場合の QPSK 誤り確率 Pb を求めます。

Pb=Q(2EbNo).

Pb = qfunc(sqrt(2*ebno))
Pb = 7.7267e-04

アルゴリズム

スカラー x に対する式は次になります。

Q(x)=12πxexp(t2/2)dt

Q 関数は相補誤差関数 erfc と次によって表される関係があります。

Q(x)=12erfc(x2)

R2006a より前に導入