Main Content

DVBS-APSK Modulator Baseband

DVB-S2/S2X/SH 標準固有の振幅位相偏移変調 (APSK) 変調

  • DVBS-APSK Modulator Baseband block

ライブラリ:
Communications Toolbox / Modulation / Digital Baseband Modulation / APM
Communications Toolbox / Modulation / Digital Baseband Modulation / Standard-Compliant

説明

DVBS-APSK Modulator Baseband ブロックは、デジタル ビデオ放送 (DVB-S2/S2X/SH) 標準固有の振幅位相偏移変調 (APSK) 変調を使用して入力信号を変調します。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。入力信号は、バイナリ値または [0, (M – 1)] の範囲の整数でなければなりません。ここで、M は変調次数です。この端子はブロックで名前なしになります。

メモ

入力信号をバイナリの要素として処理するには、[入力タイプ] パラメーター値を [ビット] に設定します。バイナリ入力の場合、行数は log2(M) の整数倍でなければなりません。列の log2(M) ビットのグループがシンボルにマッピングされます。ここで、最初のビットは MSB を表し、最後のビットは LSB を表します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean

出力

すべて展開する

DVB-S2/S2X/SH 標準固有の APSK 変調された信号。複素数のスカラー、ベクトルまたは行列として返されます。出力信号の次元は、指定した [入力タイプ] の値によって異なります。この端子はブロックで名前なしになります。

Input type出力信号の次元
Integer出力信号の次元は入力信号と同じです。
ビット出力信号の行数は、log2(M) で除算した入力信号の行数と等しくなります。ここで、M は変調次数です。

[出力データ型] を使用して、出力データ型を指定します。

パラメーター

すべて展開する

DVB 変調バリアントの標準接尾辞。S2S2X、または SH として指定します。

フレーム長。[Normal] または [Short] として指定します。

依存関係

このパラメーターは、[DVB 標準接尾辞][S2] または [S2X] に設定した場合にのみ適用されます。

変調次数 M。2 のべき乗として指定します。変調次数は出力信号のコンスタレーション点の合計数を指定します。有効な変調次数のリストは、[DVB 標準接尾辞] および [フレーム長] の値によって異なります。

DVB 標準接尾辞フレーム長変調次数のオプション
S2Normal または Short16 または 32
S2Xノーマル8163264、または 256
Short16 または 32
SH該当なし16

符号識別子。文字ベクトルとして指定します。有効な符号識別子の値のリストは、[DVB 標準接尾辞][フレーム長]、および [変調次数] で指定した値によって異なります。次の表に、[Code identifier] の値に対するオプションを示します。

変調次数DVB 標準接尾辞フレーム長符号識別子のオプション
8

S2X

ノーマル

100/180 または 104/180

16

S2 または S2X

ノーマル

2/33/44/55/68/9、または 9/10

Short

2/33/44/55/6、または 8/9

16

S2X

ノーマル

26/453/528/4523/3625/3613/18140/180154/180100/18096/18090/18018/30、または 20/30

Short

7/158/1626/453/5、または 32/45

32

S2 または S2X

ノーマル

3/44/55/68/9、または 9/10

Short

3/44/55/6、または 8/9

32

S2X

ノーマル

128/180132/180140/180、または 2/3

Short

2/3 または 32/45

64

S2X

ノーマル

128/180132/1807/94/5、または 5/6

128

S2X

ノーマル

135/180 または 140/180

256

S2X

ノーマル

116/180124/180128/18020/30、または 135/180

詳細については、DVB-S2 標準 [1] の Table 9 と Table 10、DVB-S2X 標準 [2] の Table 17a を参照してください。

依存関係

このパラメーターは、[DVB standard suffix][S2] または [S2X] に設定した場合にのみ適用されます。

コンスタレーション スケーリング。[Outer radius as 1] または [Unit average power] として指定します。

依存関係

このパラメーターは、[DVB 標準接尾辞][S2] または [S2X] に設定した場合にのみ適用されます。

入力タイプ。[Integer] または [Bit] として指定します。[Integer] を使用するには、入力信号が [0, (M – 1)] の範囲の整数で構成されなければなりません。[ビット] を使用するには、入力データがバイナリ値を含まなければならず、行数は log2(M) の整数倍でなければなりません。ここで、M は変調次数です。

出力のデータ型。double または single として指定します。

基準コンスタレーションをプロットするには、[View Constellation] ボタンをクリックします。

実行するシミュレーションのタイプ。次のように指定します。

  • コード生成 –– 生成された C コードを使用してモデルをシミュレートします。シミュレーションの初回実行時、Simulink® は対象ブロックの C コードを生成します。この C コードは、モデルが変更されない限り以降のシミュレーションで再利用されます。このオプションには、追加の起動時間が必要です。

  • インタープリター型実行 –– MATLAB® インタープリターを使用してモデルをシミュレートします。このオプションで起動時間が短くなります。[インタープリター型実行] モードで、ブロックのソース コードをデバッグできます。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | integer | single

多次元信号

あり

可変サイズの信号

なし

詳細

すべて展開する

参照

[1] ETSI Standard EN 302 307 V1.4.1: Digital Video Broadcasting (DVB); Second generation framing structure, channel coding and modulation systems for Broadcasting, Interactive Services, News Gathering and other broadband satellite applications (DVB-S2), European Telecommunications Standards Institute, Valbonne, France, 2005-03.

[2] ETSI Standard EN 302 307-2 V1.1.1: Digital Video Broadcasting (DVB); Second generation framing structure, channel coding and modulation systems for Broadcasting, Interactive Services, News Gathering and other broadband satellite applications (DVB-S2X), European Telecommunications Standards Institute, Valbonne, France, 2015-02.

[3] ETSI Standard EN 302 583 V1.1.1: Digital Video Broadcasting (DVB); Framing structure, channel coding and modulation for Satellite Services to Handheld devices (SH), European Telecommunications Standards Institute, Valbonne, France, 2008-03.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2018b で導入