Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

CPM Modulator Baseband

連続位相変調を使用した変調

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Modulation / Digital Baseband Modulation / CPM

  • CPM Modulator Baseband block

説明

CPM Modulator Baseband ブロックは、連続位相変調 (CPM) を使用して入力信号を変調します。変調器の出力は、変調信号のベースバンド表現です。

ここで、

  • i} はアルファベット ±1、±3、±(M–1) から選択した M-ary データ シンボルのシーケンスを表します。

  • M は、ある正の整数 K に対する 2K の形式をとらなければなりません。ここで、M は変調次数であり、シンボル アルファベットのサイズを指定します。

  • {hi} は、変調指数のシーケンスを表し、hi は一連の指数 {h0, h1, h2, ..., hH-1} を巡回します。H =1 の場合、変調指数は h0 の 1 つのみで、h として表されます。

この変調と適用されるフィルター処理の詳細については、CPM 変調およびパルス整形のフィルター処理を参照してください。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。スカラーまたは列ベクトルとして指定します。

[Input type] パラメーターを [Integer] に設定すると、ブロックは –(M–1) と M–1 の間の奇数の整数を受け入れます。M は [M-ary number] パラメーターを表しています。

[Input type] パラメーターが [Bit] に設定されている場合、ブロックは整数を示すバイナリ値入力を受け入れます。ブロックは、受け取ったバイナリ値信号を、K = log2(M) ビットのグループに集約します。K はシンボルあたりのビット数、M は変調次数です。入力ベクトルの長さは K の整数倍でなければなりません。ブロックは、[Symbol set ordering] パラメーターで指定されているとおりに、K ビットのグループそれぞれをシンボルにマップします。ブロックは、K ビットのグループごとに、[Samples per symbol] パラメーター値でオーバーサンプリングされた変調後のシンボルを 1 つ出力します。

サポートされているデータ型

  • 倍精度浮動小数点

  • Boolean ([Input type][Bit] に設定されている場合)

  • 8、16、32 ビット符号付き整数 ([Input type][Integer] に設定されている場合)

データ型: double | Boolean | int8 | int16 | int32

出力

すべて展開する

出力信号。スカラーまたは列ベクトルとして返されます。

  • [Input type] パラメーターが [Integer] に設定されている場合、ブロックは、入力シンボルごとに変調後のシンボルを 1 つ出力します。

  • [Input type] パラメーターが [Bit] に設定されている場合、ブロックは、K ビットのグループごとに変調されたシンボルを 1 つ出力します。

どちらの場合も、変調されたシンボルは、[Samples per symbol] パラメーター値でオーバーサンプリングされます。

データ型: double | single

処理レートの詳細については、シングルレート処理およびマルチレート処理を参照してください。

パラメーター

すべて展開する

アルファベット サイズを示す変調次数。2 の非ゼロのべき乗である正の整数として指定します。M は、ある正の整数 K に対し 2K の形式をとらなければなりません。ここで K はシンボルあたりのビット数です。

入力が整数で構成されるか、ビットのグループで構成されるかを示します。[Integer] または [Bit] として指定します。

ビット マッピング。[Binary] または [Gray] として指定します。詳細については、シンボル セットを参照してください。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Input type][Bit] に設定します。

変調指数 {hi}。非負のスカラーまたは列ベクトルとして指定します。

{h} は変調指数のシーケンスを表します。詳細については、CPM 変調を参照してください。

変調信号の位相遷移を滑らかにするために使用されるパルス整形のタイプ。[Rectangular][Raised Cosine][Spectral Raised Cosine][Gaussian]、または [Tamed FM] として指定します。フィルター処理オプションの詳細については、パルス整形のフィルター処理を参照してください。

スペクトル レイズド コサイン パルスの最大ローブのシンボル区間の数。正のスカラーで指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Frequency pulse shape][Spectral Raised Cosine] に設定します。

スペクトル レイズド コサイン パルスのロールオフ係数。0 ~ 1 のスカラーとして指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Frequency pulse shape][Spectral Raised Cosine] に設定します。

帯域幅と時間の積。非負のスカラーで指定します。[BT product] を使用すると帯域幅は狭くなりますが、符号間干渉が増加します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Frequency pulse shape][Gaussian] に設定します。

周波数パルス長。正のスカラーとして指定します。周波数パルス長の詳細については、パルス整形のフィルター処理の LT を参照してください。

シミュレーション開始前に使用されるデータ シンボル。スカラーまたは新しいものから順番に指定するベクトルとして指定します。[Symbol prehistory] はベクトルで、その長さは [Pulse length (symbol intervals)] パラメーター値よりも短くなければなりません。

出力の初期位相オフセット (ラジアン単位)。スカラーで指定します。

シンボル サンプリング レート。正のスカラーで指定します。このパラメーターは、入力される各整数またはバイナリ ワードごとのサンプル出力の数を表します。パルス整形で定義されているように、すべての非バイナリ スキームに対して、この値は 1 より大きくなければなりません。

詳細については、信号とレート変更のアップサンプルを参照してください。

ブロック処理レート。以下のいずれかのオプションを指定します。

  • Enforce single-rate processing — 入力信号と出力信号のサンプル時間は同じです。ブロックは、出力のサイズを入力と比較して変更することによって、レートを変更します。出力幅は、シンボルの数と [Samples per symbol] パラメーター値の積になります。

  • Allow multirate processing — 入力信号と出力信号のサンプル時間は異なります。出力サンプル時間は、シンボル区間を [Samples per symbol] パラメーターの値で割った値となります。

出力のデータ型。double または single を指定します。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | integer | single

多次元信号

なし

可変サイズの信号

なし

詳細

すべて展開する

参照

[1] Anderson, John B., Tor Aulin, and Carl-Erik Sundberg. Digital Phase Modulation. New York: Plenum Press, 1986.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入