最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

comm.CCDF

相補累積分布関数の測定

説明

CCDF オブジェクトは、信号の瞬時電力が平均電力よりも上の指定されたレベルになる確率を測定します。

信号の相補累積分布を測定するには、以下の手順に従います。

  1. CCDF オブジェクトを定義および設定します。構築を参照してください。

  2. step を呼び出して、comm.CCDF のプロパティに従い、相補累積分布を測定します。step の動作は、ツールボックスの各オブジェクト固有のものです。

メモ

R2016b 以降では、step メソッドを使用して、System object™ によって定義された演算を実行する代わりに、引数を関数であるかのように使ってオブジェクトを呼び出すことができます。たとえば、y = step(obj,x)y = obj(x) は同等の演算を実行します。

構築

H = comm.CCDF は、信号の瞬時電力が平均電力よりも上の指定されたレベルになる確率を測定する、相補累積分布関数測定 (CCDF) System object H を作成します。

H = comm.CCDF(Name,Value) は、指定の各プロパティが指定の値に設定された CCDF オブジェクト H を作成します。(Name1,Value1,...,NameN,ValueN) のように、追加の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

プロパティ

NumPoints

CCDF 点の数

オブジェクトが計算する CCDF 点の数を指定します。このプロパティは、数値、正の整数スカラーでなければなりません。既定の設定は 1000 です。このプロパティを MaximumPowerLimit プロパティと合わせて使用することでヒストグラム ビンのサイズを制御します。オブジェクトは CCDF 曲線を推定するためにこれらのビンを使用します。これによって曲線の解像度を制御します。すべての入力チャネルには、同数の CCDF 点がなければなりません。

MaximumPowerLimit

予想される最大入力信号強度

各入力チャネルに対して、予想される最大入力信号強度限界を指定します。既定の設定は 50 です。このプロパティを、数値、スカラーまたは入力チャネルの数に等しい行ベクトル長に設定します。このプロパティの設定をスカラーにした場合、オブジェクトは、すべての入力チャネルの信号が同じ予想最大強度をもつと想定します。このプロパティの設定を入力チャネルの数に等しい行ベクトル長にした場合、オブジェクトは、ベクトルの i 番目の要素が i 番目の入力チャネルにおいて予想される最大の信号強度であると想定します。step メソッドを呼び出すと、オブジェクトはこのプロパティの値が PowerUnits プロパティで指定された単位で表されることを表示します。それぞれの入力チャネルに対し、オブジェクトは、瞬時入力信号強度のヒストグラムを積分して CCDF 結果を取得します。オブジェクトは、このプロパティで指定する強度以上のすべての強度の発生が最後のビンに収集されるように、ヒストグラムのビンを設定します。オブジェクトは、入力信号がその指定された最大限界強度を超えると、警告を発行します。このプロパティを NumPoints プロパティと合わせて使用することで、オブジェクトが CCDF 曲線の推定に使用するヒストグラム ビンのサイズを制御 (曲線の解像度の制御など) します。

PowerUnits

電力単位

電力測定単位を dBmdBW または Watts のいずれかとして指定します。既定の設定は dBm です。step メソッドは、PowerUnits プロパティで指定された単位で電力測定を出力します。このプロパティの設定を dBm または dBW にすると、step メソッドは相対電力値を dB スケールで出力します。このプロパティの設定を Watts にすると、step メソッドは相対電力値を線形スケールで出力します。step メソッドを呼び出す場合、オブジェクトは PowerUnits プロパティに指定した値と同じ値を MaximumPowerLimit の単位がもつものとします。

AveragePowerOutputPort

平均電力測定出力を有効にする

このプロパティを true に設定すると、step メソッドは実行中の平均電力測定を出力します。既定の設定は false です。

PeakPowerOutputPort

ピーク電力測定出力を有効にする

このプロパティを true に設定すると、step メソッドは実行中のピーク電力測定を出力します。既定の設定は false です。

PAPROutputPort

PAPR 測定出力を有効にする

このプロパティを true に設定すると、step メソッドは実行中のピーク/平均電力比測定を出力します。既定の設定は false です。

メソッド

getPercentileRelativePower与えられた確率の相対電力値を取得する
getProbability与えられた相対電力値の確率を取得する
plotCCDF 曲線をプロットする
resetCCDF 測定オブジェクトの状態のリセット
step相補累積分布関数の測定
すべての System object に共通
release

System object のプロパティ値の変更の許可

すべて展開する

CCDF System object を作成し、平均電力およびピーク電力の測定を出力するよう指定します。

ccdf = comm.CCDF('AveragePowerOutputPort',true, ...
    'PeakPowerOutputPort',true);

16-QAM および QPSK で変調された信号を生成します。

qamTxSig = qammod(randi([0 15],20e3,1),16,'UnitAveragePower',true);
qpskTxSig = pskmod(randi([0 3],20e3,1),4,pi/4);

AWGN チャネルを通して信号を渡します。

qamRxSig = awgn(qamTxSig,15);
qpskRxSig = awgn(qpskTxSig,15);

2 つの波形の CCDF を測定します。comm.CCDFplot メソッドを使用して CCDF をプロットします。

[CCDFy,CCDFx,AvgPwr,PeakPwr] = ccdf([qamRxSig qpskRxSig]);

plot(ccdf)
legend('16-QAM','QPSK')

拡張機能

R2012a で導入