Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MEX 関数の実行

MEX 関数を呼び出すときは、元の MATLAB® アルゴリズムで使用する入力と同じ入力を渡します。MEX 関数には、coder.Constant またはいずれの coder.Type クラスも渡さないでください。これらのクラスは関数 codegen で使用します。

MATLAB Coder™ によって生成された MEX 関数を実行するには、MEX 関数が必要とするすべてのツールボックスのライセンスがなければなりません。たとえば、Computer Vision Toolbox™ 関数または System object™ を使用する MATLAB アルゴリズムから MEX 関数を生成した場合、その MEX 関数を実行するには Computer Vision Toolbox ライセンスが必要です。

MATLAB をアップグレードした場合は、MEX 関数を新しいバージョンで実行する前に MEX 関数をリビルドしてください。

MEX 関数のデバッグ

MEX 関数をデバッグするには、関数 disp を使用して MEX 関数の変数の内容を検査します。コード生成ではサポートされていないため、MEX 関数の変数のデバッグには save を使用できません。コード生成では、外部としての save の宣言はサポートされていません。