Raspberry Pi プログラミングをMATLAB および Simulink で作成

Raspberry Pi プロジェクトをハイレベルなプログラミングとブロック線図で作成する

Raspberry Pi™ のプログラミングでは、通常、画像、動画、オーディオおよびその他センサーデータといったデータを取り扱います。

MATLAB® および Simulink® これらのデータを迅速に解析および可視化することで、Raspberry Pi が適切に応答する柔軟なプログラミングを可能にします。MATLAB および Simulink は、次の 2 つの主要なワークフローをサポートします。

Raspberry Pi 搭載のセンサーおよびカメラからのデータ読み取り、書き込みおよび解析

Raspberry Pi 向け MATLAB サポート パッケージを使用すると、Raspberry Pi とやりとりを行う MATLAB プログラムを作成でき、ボードの GPIO ピン、カメラおよびその他の接続デバイスからデータを収集できます。MATLAB はハイレベルなインタプリタ型の解釈プログラミング言語であるため、Raspberry Pi プロジェクトにおけるプロトタイプ作成やアルゴリズムの改善を簡単に行うことができます。MATLAB には Raspberry Pi プログラミングに使用できる何千もの数学関数とプロット関数が組み込まれており、画像、動画処理、最適化統計および信号処理といった領域をカバーします。

Raspberry Pi 向け MATLAB サポート パッケージを使用すると、Raspberry Pi は MATLAB を実行中のコンピューターに接続されます。各種の処理プロセスは、MATLAB を実行中のコンピューターで行います。

Raspberry Pi プログラミングに MATLAB を使用すると、以下を行うことができます。

Raspberry Pi 上でスタンドアロンで実行するアルゴリズムの開発

Simulink は動的システムのモデリングやアルゴリズム開発のためのブロック線図環境です。Raspberry Pi 向けの Simulink サポート パッケージを使用すると、Simulink でアルゴリズム開発し、Raspberry Pi 上でスタンドアロンで実行できます。このサポート パッケージは、Raspberry Pi の構成設定、UDP パケットの送受信およびセンサーからのデータ読み書きといったブロックを追加し、Simulink の機能を拡張できます。この拡張には、IoT アプリケーション向けの無料データ集計サービス、ThingSpeak へのデータ書き込みも含まれます。

Simulink モデルの作成後、シミュレーションしてアルゴリズム パラメーターが適切になるまで調整を繰り返します。そして完成したアルゴリズムをダウンロードしてデバイス上でスタンドアロン実行します。MATLAB Function ブロックを使用すると、MATLAB コードを Simulink モデルに組み込むこともできます。

Raspberry Pi 向け Simulink サポートパッケージを使用して、Simulink でアルゴリズムを開発、その後、自動コード生成機能を使って Raspberry Pi に展開します。処理は Raspberry Pi 上で行われます。

Raspberry Pi プログラミングに Simulink を使用すると、以下を行うことができます。

Raspberry Pi 向け Simulink サポート パッケージに加え、MATLAB アルゴリズムから読み取りと移植が可能な C コードを生成し、MATLAB Coder の Raspberry Pi サポートを使用して Raspberry Pi に展開することができます。

See also: プロジェクトベースラーニング用ハードウェア, モデルベース開発, 画像処理およびコンピュータービジョン, 制御システム, Internet of Things, Arduino, LEGO MINDSTORMS プログラミング, ロボティクス, 制御ロジックのビデオ, データ取得ハードウェアおよび計測器との接続

Raspberry Pi 向け MATLAB サポート

Raspberry Pi 向け Simulink サポート