MATLAB GUI

MATLAB のグラフィカル ユーザー インタ-フェイスを使用したアプリの作成

GUI (グラフィカル ユーザー インターフェイスまたは UI) が提供するソフトウェア アプリケーションのポイントアンドクリック コントロールにより、アプリケーションを実行するために言語を学んだり、コマンドを入力したりする必要がなくなります。

MATLAB アプリは、タスクや計算を自動化する GUI フロント エンドを備えた、独立した MATLAB プログラムです。通常、GUI にはメニュー、ツールバー、ボタン、スライダーなどのコントロールが含まれています。Curve Fitting Toolbox、Signal Processing Toolbox、Control System Toolbox などの多くの MATLAB 製品には、カスタム ユーザー インターフェイスを備えたアプリが付属しています。また、対応する UI を含む独自のカスタム アプリを作成し、他のユーザーが使用することもできます。

対話式での MATLAB GUI の作成

GUIDE (GUI 開発環境) にはカスタム アプリ用のユーザー インターフェイスを設計するためのツールが用意されています。GUIDE レイアウト エディターを使用して UI をグラフィカルに設計できます。設計後、GUIDE により UI を構築するための MATLAB コードが自動的に生成されます。このコードを変更してアプリの動作をプログラミングできます。

プログラムによる MATLAB GUI の作成

設計と開発をさらにコントロールするために、コンポーネントのプロパティと動作をすべて定義する MATLAB コードを作成することもできます。MATLAB にはプログラムによってアプリの GUI を作成できる組み込みの機能があります。ダイアログ ボックス、ユーザー インターフェイス コントロール (プッシュ ボタンやスライダーなど)、およびコンテナー (パネルやボタン グループなど) を追加できます。

MATLAB の GUI を使用したカスタム アプリ


製品使用例および使い方


ソフトウェア リファレンス

参考 : MATLAB, MATLAB コンパイラ, MATLAB アプリ, MATLAB gui のビデオ