MathWorks について

環境保全への取り組み

環境保全への取り組み

MathWorks は、職場や家庭の環境に注意を払い、責任を持つことを奨励しています。リサイクル、エネルギー効率の向上、資源管理、設備設計に重点を置いたプログラムを通じて、環境の持続可能性を支援しています。

Aerial view of three buildings, one with solar panels on the roof
Overhead view of compacted trash with two workers in hard hats and reflective vests
Group of nine MathWorks staff standing on a sidewalk with trees behind them

持続可能性

2023 年までにカーボンニュートラルを達成するという取り組みの一環として、MathWorksは、オフィスでの廃棄物削減と省エネプログラムを継続的に実施しています。近年、イギリスのオフィスやマサチューセッツ州ネイティックの本社ビルの建築プロジェクトは、環境の持続可能性を重視して行われました。持続可能な建築物の特徴として、省エネや排出量削減のために設計された照明システムやソーラーパネル、改修された駐車場に設置されている電気自動車の充電ステーション、低排出型の建材、スマートビル管理システムなどがあります。事業活動においては、キッチンやコピー室、カフェテリアの廃棄物の削減に力を入れました。

MathWorks のイギリスのオフィスでは、雨水灌漑タンクや屋上の雨水利用システムなどの節水機能を導入し、水使用量を最大 30% 削減しました。

社員の意識向上プログラム

従業員リソースグループである GreenWorkers は、省エネルギー型機器や保全戦略のほか、自動車の相乗りや公共交通機関の利用、自転車通勤デーといった、代替的な通勤手段に関する意識を高め、ベストプラクティスを共有するためのイベントを推進しています。

リサイクルの取り組み

MathWorks では、施設内でさまざまなリサイクルプログラムを実施しており、その対象の拡大に努めています。現在は、紙やプリンター カートリッジ、バッテリーなどの事務用品をリサイクルし、再生材料や再利用物質を活用するサプライヤーを積極的に探しています。他にも、電子機器のリサイクルイベントを開催し、コンピューターから携帯電話やテレビまで、個人用およびビジネス用の機器を大量に寄付して、リサイクルや再利用に役立てています。

パートナーシップ

MathWorks は、Mass Audubon を支援しています。Mass Audubon は、環境保護活動を行うだけでなく、マサチューセッツ州内に 60 箇所以上の野生動物保護区と数百マイルにわたるトレイルを整備しています。

また、MathWorks は、環境的に持続可能な地域の食糧生産方法を奨励し、農業生産者と消費者の双方に利益をもたらすことを目的として、地元の農場との提携による地域支援型農業 (CSA) プログラムを Natick キャンパスで実施しています。