Video and Webinar Series

バイオメディカルシリーズ

バイオ・メディカル領域、情報生命科学の分野において、MATLAB®は米国や欧州を始め海外で幅広く利用されています。

バイオメディカルシリーズでは、入門編、統計解析編、画像処理編、生体信号編、バイオインフォマティクス・システム生物学編に分けてWebセミナーをご用意しています。ご興味のあるWebセミナーをご覧ください。

SimBiology 紹介 SimBiology ® を使った、シミュレーション、パラメータ最適化のデモンストレーションをご覧いただけます。

MATLABでのバイオ、医用画像処理の基本 バイオ・メディカルの分野では、必ずしも鮮明でない細胞などのデジタル画像から特徴を抽出し、数値化する解析などが多く要求されます。MATLABに備わっている豊富な画像処理ライブラリを組み合わせることにより、高度なバイオイメージング・医用画像処理をシンプルに実現することができます。

MATLABでのバイオ、医用画像処理の最新テクニック バイオイメージングや医用画像では、特徴の抽出やマッチング、統計処理などが必要とされ、必ずしも鮮明でない画像からの解析も多く要供されます。そこで、MATLABに備わっている豊富な画像処理ライブラリを組み合わせることにより、高度なバイオイメージング・医用画像処理を実現することができます。

MATLABによる、バイオインフォマティクス、システム生物学 バイオメディカル、情報生命科学の分野において、MATLABは米国や欧州を始め海外で幅広く利用されています。基本的な統計解析から始まり、脳波計測・解析、MRI画像の分析、薬物動態学に代表されるような人体をモデル化しシミュレーションするPK/PD解析、次世代シーケンサー (NGS) に使用するような、バイオインフォマティクス分野におけるデータ解析など、様々な分析

これからはじめる、MATLABによる生体信号の取得と可視化 特に医療・生物・情報生命工学でよく使用する生体信号の解析方法をご紹介します。生体信号を解析する際には、簡単に生体信号を取得したい、簡単に生体信号を可視化したい、それらの作業を簡単に自動化したい、といったニーズがあります。MATLABでできる豊富な解析の中から、以下のトピックと解析ワークフローを交えてご紹介します。

MATLAB統計解析入門 医療統計やバイオ統計において、MATLABが手軽で強力なツールであることをご紹介します。MATLABはバイオメディカル・情報生命科学の分野において、基本的な統計解析から始まり、脳波計測・解析、MRI画像の分析、薬物動態学に代表されるような人体をモデル化しシミュレーションするPK/PD解析、次世代シーケンサー(NGS)に使用するような、バイオインフォマティクス分野に

医用画像処理: 細胞数の自動カウント 神経細胞の染色画像から、赤色に染色されているコアの数を自動的にカウントする画像処理のアルゴリズムを、MATLAB®上で構築していく流れをご紹介します。

医用画像処理: テクスチャ解析の基礎 画像の分類やセグメンテーションにおいて非常に有効なアプローチの一つであるテクスチャ解析について、医用画像を例題として取り上げてご紹介します。

Related Resources