組み込みコード生成

信号処理向けコードの生成

信号処理向けコードの生成では、手作業によるコーディングよりもはるかに素早く簡単に設計アルゴリズムを組み込みコードに変換できます。これにより、企業は GPS 開発の期間とコストの 40% 削減5G RF コンポーネントの迅速な開発最適化されたコードを用いた DSP への光センサー導入などを実現しています。

MathWorks は、20 年以上にわたる組み込みコード生成の実績を活かし、メーカーの次のような用途に対応する先進技術の開発に引き続き取り組んでいきます。

  • 信号処理の設計
  • 組み込みコード生成
  • 組み込みコードの検証とプロファイリング

「Simulink と Embedded Coder に基づく完全な設計とコード生成ツールチェーンが完成し、ほとんどのフィールドテストの変更を数分で行うことができるようになりました。これは手作業では実現できなかったことです。」

Arno Bergmann, INTACTON

信号処理の設計

MATLAB®、Simulink®、Signal Processing Toolbox™、および DSP System Toolbox™ は、信号処理システムの設計に定評があります。これらを使用すると、設計の高速化、解析の自動化、早期検証が可能になります。Fixed-Point Designer™ では、エンジニアはビットトゥルー シミュレーションを実行し、浮動小数点から固定小数点へのデータ変換を自動化してオーバーフローを検出できます。

オーバーフローの根本原因の検出。

組み込みコード生成

Embedded Coder® は、MATLAB Coder™ と Simulink Coder™ を拡張して、MATLAB ファイルと Simulink モデルから最適化された組み込みコードを生成します。すべてのデバイスに対して既定で ANSI/ISO C または C++ が生成されます。さらに、コードは柔軟な API を使用して特定の MCU および DSP 向けに簡単に最適化できます。シミュレーションやコード生成を行う際に手書きコードを取り込むこともできます。GPU 向けのコードの生成には、GPU Coder™ を使用します。

組み込みコードの検証とプロファイリング

実行結果をアルゴリズムの参照モデルの動作と自動的に比較する信号処理コードの検証には、プロセッサインザループ (PIL) テストと実行プロファイリングが不可欠です。生成したコードをライブラリとしてコンパイルして、親の組み込みプロジェクトに統合することができます。タスクや関数のパフォーマンスを計測するための PIL テストとプロファイリング、およびプロセッサ固有のアーカイブライブラリの作成は、拡張可能な PIL API を用いて組み込みプロセッサで実行できます。Simulink Test™ を使用して、テストおよびテストスイートの作成、実行、検討、整理を行うことができます。