MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

この2日間のコースでは、Classic AUTOSAR 準拠のモデリングと AUTOSAR Blockset を使用したコード生成について学びます。 なお、このコースの対象者は Embedded Coder によるコード生成を行うシステムエンジニアや自動車分野のソフトウェア開発者です。 .arxmlファイルをインポートしてAUTOSAR情報を持つSimulinkのスケルトンモデルを生成するトップダウンアプローチと、非AUTOSAR準拠の通常のSimulinkモデルにAUTOSAR情報を手動で追加するボトムアップアプローチの両方を習得します。 また、System Composerを使用したAUTOSARコンポジション設計を習得します。AUTOSAR アーキテクチャーの中で Simulink モデリング、コード生成を行う対象はアプリケーションにあたる ソフトウェアコンポーネント(SWC)のみになります(RTE/BSWとのインターフェイスの一部は含みますが、RTE/BSW自体は含みません)。

  • AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのインポート
  • AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのエクスポート
  • AUTOSAR 端子とインターフェイスのモデル化
  • AUTOSAR イベントのモデル化
  • キャリブレーション パラメーターおよびインスタンスごとのメモリのモデル化
  • AUTOSAR バリアントのモデル化
  • AUTOSAR コンポジションとアーキテクチャのモデル化
  • 基本ソフトウェア サービスのモデル化

1日目


AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのインポート

目的: 既存の ARXML ファイルをインポートして、対応する構造およびインタフェースを持つ Simulink モデルを自動的に生成する方法を学びます。

  • AUTOSAR XML の記述
  • AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのインポート
  • 配列と列挙のデータ型
  • Simulink モデルを生成するための機能の追加
  • ハーネス モデルによるシミュレーション
  • AUTOSAR コードの生成
  • 構造体と固定小数点データ型
  • Simulink におけるインポートされたデータ型の管理
  • 変更した ARXML ファイルのインポート

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのエクスポート

目的: AUTOSAR ソフトウェアコンポーネントとして Simulink モデルを構成し、ARXML ファイルの生成用のインタフェースと AUTOSAR ポートを定義する方法を学びます。

  • UTOSAR コンポーネントの作成
  • Simulink モデル オブジェクトから AUTOSAR コンポーネントへのマッピング
  • コードの生成および ARXML ファイルのエクスポート

AUTOSAR 端子とインターフェイスのモデル化

目的: Simulink の Inport および Outport ブロックを様々なタイプの AUTOSAR ポートとして構成する方法を学びます。

  • AUTOSAR 通信の概要 (端子とインターフェイス)
  • 送信/受信端子による通信のモデル化
  • AUTOSAR モードのモデル化
  • クライアント/サーバー通信のモデル化

AUTOSAR イベントのモデル化

目的: Simulink で AUTOSAR イベント(周期的・非周期的)をモデル化する方法を学びます。

  • AUTOSAR イベントの概要
  • Simulink® モデルでのイベントのシミュレーション
  • タイミング ( 周期的 ) イベント
  • 非周期的イベントの概要
  • 受信データ イベントのモデル化
  • モード切り替えイベントのモデル化
  • トリガーの初期化
  • 非周期的イベントのシミュレーション

キャリブレーション パラメーターおよびインスタンスごとのメモリのモデル化

目的: データオブジェクトとコードマッピングを使用して、SimulinkモデルでAUTOSARキャリブレーションパラメーターとインスタンスごとのメモリを指定する方法について学習します。

  • パラメーター SWC から提供されるキャリブレーション パラメーターのモデル化
  • 内部キャリブレーション パラメーターのモデル化: すべてのインスタンスが共有
  • 内部キャリブレーション パラメーターのモデル化: 各インスタンスの別個のコピー
  • インスタンスごとのメモリのモデル化

2日目


AUTOSAR バリアントのモデル化

目的: AUTOSARソフトウェアコンポーネント内でバリアントベースのデザインを構成し、SimulinkバリアントをAUTOSARバリエーションポイントにマップする方法について学習します。

  • レートベース モデルでのバリアント サブシステムの作成
  • AUTOSAR バリアントの生成

AUTOSAR コンポジションとソフトウェア アーキテクチャのモデル化

目的: AUTOSARソフトウェアアーキテクチャデザインを作成し、動作するAUTOSARソフトウェアコンポーネントとコンポジションを追加する方法について学習します。

  • AUTOSAR ソフトウェア アーキテクチャとコンポジションの作成
  • AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの生成
  • AUTOSAR コンポジションとソフトウェア コンポーネントのエクスポート
  • AUTOSAR ソフトウェア アーキテクチャ モデルのシミュレーション
  • AUTOSAR コンポジションのインポート
  • 再利用可能なソフトウェア コンポーネントのコードの生成

基本ソフトウェア サービスのモデル化

目的: AUTOSARソフトウェアコンポーネントを設定して、診断ステータスの読み取りと書き込みを行い、不揮発性RAMを管理する方法について学習します。

  • 基本ソフトウェア サービスの概要
  • 診断ステータスの設定
  • 診断ステータスの監視
  • NVRAM の読み取りと書き込み
  • NVRAM の監視

レベル: 中級

必要条件:

期間: 2 日間

言語: Deutsch, English, 한국어

スケジュールを確認して登録する