Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

waverec2

2 次元ウェーブレット再構成

    説明

    x = waverec2(c,s,wname) は、ウェーブレット分解構造 [c,s] と wname で指定されたウェーブレットに基づいて、行列 x のマルチレベル ウェーブレット再構成を実行します。wavedec2 を参照してください。

    x = waverec2(c,s,wname)x = appcoef2(c,s,wname,0) と等価です。

    x = waverec2(c,s,LoR,HiR) は、指定されたローパス ウェーブレット再構成フィルター LoR とハイパス ウェーブレット再構成フィルター HiR をそれぞれ使用して x を再構成します。

    すべて折りたたむ

    イメージを読み込みます。

    load woman

    sym4 ウェーブレットを使用して、イメージのレベル 2 ウェーブレット分解を実行します。

    wv = 'sym4';
    [c,s] = wavedec2(X,2,wv);

    ウェーブレット分解構造からイメージを再構成します。

    xrec = waverec2(c,s,wv);

    完全再構成されているかチェックします。

    max(abs(X(:)-xrec(:)))
    ans = 2.0989e-10
    

    入力引数

    すべて折りたたむ

    ウェーブレット分解ベクトル。実数値のベクトルとして指定します。ベクトル c には、Approximation 係数と Detail 係数がレベルごとに格納されます。ブックキーピング行列 s を使用して c が解析されます。wavedec2 を参照してください。

    データ型: single | double

    ブックキーピング行列。整数値の行列として指定します。行列 s には、各レベルのウェーブレット係数の次元が格納されます。ウェーブレット分解ベクトル c の解析に使用されます。wavedec2 を参照してください。

    データ型: single | double

    解析ウェーブレット。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

    メモ

    waverec2 では、タイプ 1 (直交) とタイプ 2 (双直交) のウェーブレットのみがサポートされます。直交ウェーブレットと双直交ウェーブレットの一覧については、wfilters を参照してください。

    ウェーブレット再構成フィルター。偶数長の実数値ベクトルのペアとして指定します。LoR はローパス再構成フィルター、HiR はハイパス再構成フィルターです。LoRHiR の長さは等しくなければなりません。詳細については、wfilters を参照してください。

    ヒント

    • cs がインデックス付きイメージの解析またはトゥルーカラー イメージの解析から取得される場合、x はそれぞれ m 行 n 列の行列または m x n x 3 の配列です。

      イメージ形式の詳細については、imageimfinfo のリファレンス ページを参照してください。

    拡張機能

    バージョン履歴

    R2006a より前に導入