最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

insertShape

イメージまたはビデオへの形状の挿入

説明

RGB = insertShape(I,shape,position) は、shape が挿入されたトゥルーカラー イメージを返します。入力イメージ I は、トゥルーカラー イメージまたはグレースケール イメージになります。ピクセル値を上書きすることによって形状を描画します。

RGB = insertShape(___,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value 引数ペアによって指定された追加オプションを使用します。

すべて折りたたむ

イメージを読み取ります。

I = imread('peppers.png');

境界線の幅が 5 の円を描画します。

RGB = insertShape(I,'circle',[150 280 35],'LineWidth',5);

塗りつぶされた三角形と塗りつぶされた六角形を描画します。

pos_triangle = [183 297 302 250 316 297];
pos_hexagon = [340 163 305 186 303 257 334 294 362 255 361 191];
RGB = insertShape(RGB,'FilledPolygon',{pos_triangle,pos_hexagon},...
    'Color', {'white','green'},'Opacity',0.7);

イメージを表示します。

imshow(RGB);

入力引数

すべて折りたたむ

入力イメージ。トゥルーカラーまたは 2 次元グレースケールとして指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16

形状のタイプ。文字ベクトルとして指定します。ベクトルとして、'Rectangle''FilledRectangle''Line''Polygon''FilledPolygon''Circle' または 'FilledCircle' を使用できます。

データ型: char

形状の位置。表に示す形状のタイプに従って指定します。

形状位置描画される形状
'Rectangle'
'FilledRectangle'
M 行 4 列の行列。各行は四角形を [xywidthheight] として指定します。

[x1y1width1height1x2y2width2height2xMyMwidthMheightM]

'Line'

1 つ以上のつながっていないラインの場合は、M 行 4 列の行列。各 4 要素ベクトル [x1, y1, x2,y2] は、端点が [x1 y1] と [x2 y2] のラインを示します。

[x11y11x12y12x21y21x22y22xM1yM1xM2xM2]

1 つ以上のライン セグメントの場合は、M 行 2L 列の行列。各行は、L 個の頂点をもつポリラインを表すベクトルです。

[x11y11x12y12x1Ly1Lx21y21x22y22x2Ly2LxM1yM1xM2yM2xMLyML]

ポリラインは最初と最後の頂点がつながれていないため、常に (L-1) 個のセグメントを含みます。セグメント数の少ないラインの場合には、終わりの座標を繰り返して行列を埋めます。

形状を M ベクトルの cell 配列として指定することもできます。

{[x11,y11,x12,y12,...,x1p,y1p], [x21,y21,x22,y22,.....,x2q,y2q], ... [xM1,yM1,xM2,yM2,.......,xMr,yMr]}

p、q および r では頂点の数を指定します。

'Polygon'
'FilledPolygon'
M 行 2L 列の行列。各行は L 個の頂点をもつ多角形を表します。行列の各行が 1 つの多角形に対応します。セグメント数の少ない多角形の場合には、終わりの座標を繰り返して行列を埋めます。

[x11y11x12y12x1Ly1Lx21y21x22y22x2Ly2LxM1yM1xM2yM2xMLyML]

形状を次のように M ベクトルの cell 配列として指定することもできます。

{[x11,y11,x12,y12,...,x1p,y1p], [x21,y21,x22,y22,.....,x2q,y2q], ... [xM1,yM1,xM2,yM2,.......,xMr,yMr]}

p、q および r では頂点の数を指定します。

'Circle'
'FilledCircle'
M 行 3 列の行列。各行は円を [xyradius] として指定するベクトルです。[xy] 座標は円の中心を表します。

[x1y1radius1x2y2radius2xMyMradiusM]

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

名前と値のペアの引数

オプションの引数 Name,Value のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を、任意の順番で指定できます。

例: 'Color','yellow' は、形状の色に黄色を指定します。

形状の境界線の幅。正のスカラー整数としてピクセル単位で指定します。このプロパティは、'Rectangle''Line''Polygon' または 'Circle' の形状に対してのみ適用されます。

データ型: uint8 | uint16 | int16 | double | single

形状の色。'Color' と、文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、または行列で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。形状ごとに異なる色を指定したり、すべての形状に 1 つの色を指定したりできます。

形状ごとに色を指定するには、Color を色を表す文字ベクトルの cell 配列、または M 個の RGB (赤、緑、青) の色値の M 行 3 列の行列に設定します。

すべての形状に 1 つの色を指定するには、Color を色を表す文字ベクトルまたは [R G B] ベクトルに設定します。[R G B] ベクトルには、赤、緑、青の値が含まれます。

サポートされる色は、'blue''green''red''cyan''magenta''black''black' および 'white' です。

データ型: cell | char | uint8 | uint16 | int16 | double | single

塗りつぶし形状の不透明度。'Opacity' と [0, 1] の範囲のスカラー値で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。Opacity プロパティは、FilledRectangleFilledPolygon および FilledCircle の形状に対して適用されます。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

形状のエッジの平滑化。'SmoothEdges' と logical 値 true または false で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。true 値は、アンチエイリアシング フィルターを有効にして形状のエッジを平滑化します。この値は長方形以外の形状に対してのみ適用されます。アンチエイリアシングを有効にすると、形状の描画にかかる時間が長くなります。

データ型: logical

出力引数

すべて折りたたむ

出力イメージ。トゥルーカラー イメージとして返されます。

拡張機能

R2014a で導入