最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

insertObjectAnnotation

トゥルーカラー イメージ、グレースケール イメージ、またはビデオ ストリームに注釈を付ける

説明

RGB = insertObjectAnnotation(I,shape,position,label) は、position で指定された場所の shape および label で注釈が付けられたトゥルーカラー イメージを返します。

RGB = insertObjectAnnotation(I,shape,position,label,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value 引数ペアによって追加された追加オプションを使用します。

insertObjectAnnotation(I,'rectangle',position,label) は、位置行列で示される位置に四角形とラベルを挿入します。

insertObjectAnnotation(I,'circle',position,label) は、位置行列で示される位置に円と対応するラベルを挿入します。

すべて折りたたむ

イメージを読み取ります。

I = imread('board.tif');

浮動小数点数のラベルを作成します。信頼度の値ラベルに関連する浮動小数点数。

label_str = cell(3,1);
conf_val = [85.212 98.76 78.342];
for ii=1:3
    label_str{ii} = ['Confidence: ' num2str(conf_val(ii),'%0.2f') '%'];
end

四角形の位置を [x y width height] として設定します。

   position = [23 373 60 66;35 185 77 81;77 107 59 26];

ラベルを挿入します。

RGB = insertObjectAnnotation(I,'rectangle',position,label_str,...
    'TextBoxOpacity',0.9,'FontSize',18);

注釈付きのイメージを表示します。

figure
imshow(RGB)
title('Annotated chips');

イメージを読み取ります。

I = imread('coins.png');

円の位置を設定します。最初の 2 つの値は (x,y) の中心を表し、3 番目の値は半径です。

position = [96 146 31;236 173 26];

整数 5 と 10 (米国セント) が表示されるようにラベルを設定します。

label = [5 10];

注釈を挿入します。

RGB = insertObjectAnnotation(I,'circle',position,label,'LineWidth',3,'Color',{'cyan','yellow'},'TextColor','black');

表示します。

figure
imshow(RGB)
title('Annotated coins');

入力引数

すべて折りたたむ

トゥルーカラー イメージまたはグレースケール イメージ。イメージまたはビデオ ストリームとして指定します。入力イメージは、M x N x 3 のトゥルーカラー イメージまたは M 行 N 列の 2 次元グレースケール イメージのいずれかです。

データ型: double | single | uint8 | uint16 | int16

四角形または円の注釈。注釈の形状を示す文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

注釈の形状の場所とサイズ。M 行 3 列の行列または M 行 4 列の行列として指定します。四角形を指定する場合、位置の入力行列は M 行 4 列の行列にしなければなりません。各行 M では、四角形を 4 要素ベクトル [x y width height] として指定します。要素 x と y は四角形の左上隅を示し、width と height でサイズを指定します。

円を指定する場合、位置の入力行列は M 行 3 列の行列でなければなりません。各行 M では 3 要素ベクトル [x y r] を指定します。要素 x と y は円の中心を示し、r には半径を指定します。

例: position = [50 120 75 75]

左上隅が x=50 と y=120 の位置にあり、幅と高さが 75 ピクセルの四角形。

例: position = [96 146 31]

中心が x=96、y=146 の位置にあり、半径が 31 ピクセルの円。

例: position = [23 373 60 66;35 185 77 81;77 107 59 26]

3 つの四角形の場所とサイズ。

形状に関連付けるラベル。数値ベクトルまたは ASCII 文字列の cell 配列として指定します。cell 配列の長さは形状の位置の数と等しくなければなりません。すべての形状に 1 つの数値スカラーまたは string を指定することもできます。

例: label = [5 10]。ここで、関数は最初の形状にラベル 5、2 番目の形状にラベル 10 のマークを付けます。

名前と値のペアの引数

オプションの引数 Name,Value のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を、任意の順番で指定できます。

例: 'Color''white' では、ラベルのテキスト ボックスの色が白に設定されます。

テキストのフォント フェース。'Font' と文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。フォント フェースは、システムにインストールされている使用可能な TrueType フォントでなければなりません。システムで使用可能なフォントの一覧を表示するには、MATLAB® コマンド プロンプトで listTrueTypeFonts と入力します。

データ型: char

ラベル テキストのフォント サイズ。'FontSize' と [8 72] の範囲の点を表す整数で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

形状の境界線の幅。LineWidth と正のスカラー整数 (ピクセル単位) で構成されるコンマ区切りペアで指定します。

形状と対応するラベル テキスト ボックスの色。'Color' と文字ベクトル、[R G B] ベクトル、cell 配列、または M 行 3 列の行列のいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

すべての形状に 1 つの色を指定するには、このパラメーターを文字ベクトルまたは [R G B] ベクトルに設定します。各 M 形状の色を指定するには、このパラメーターを M 文字ベクトルの cell 配列に設定します。または、注釈ごとに RGB 値の M 行 3 列の行列を指定できます。RGB 値は、入力イメージ データ型の範囲内でなければなりません。

サポートされる色は、'blue''green''cyan''red''magenta''black' および 'white' です。

データ型: char | uint8 | uint16 | int16 | double | single | cell

テキスト ラベルのテキストの色。'TextColor' と文字ベクトル、[R G B] ベクトル、cell 配列、または M 行 3 列の行列のいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。すべてのテキストに 1 つの色を指定するには、このパラメーターを文字ベクトルまたは [R G B] ベクトルに設定します。各 M テキスト ラベルの色を指定するには、このパラメーターを M 文字ベクトルの cell 配列に設定します。または、注釈ごとに RGB 値の M 行 3 列の行列を指定できます。RGB 値は、入力イメージ データ型の範囲内でなければなりません。

サポートされる色は、'blue''green''cyan''red''magenta''yellow' および 'white' です。

データ型: char | uint8 | uint16 | int16 | double | single | cell

テキスト ラベル ボックスの背景の不透明度。'TextBoxOpacity' と、ラベル テキスト ボックスの背景の不透明度を定義するスカラーで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。この値を 01 の範囲で指定します。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

注釈付きのトゥルーカラー イメージ。イメージまたはビデオ ストリームとして返されます。

データ型: double | single | uint8 | uint16 | int16

拡張機能

R2012b で導入