Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Color Space Conversion

色空間の間における色情報の変換

  • ライブラリ:
  • Computer Vision Toolbox / Conversions

説明

Color Space Conversion ブロックは色空間の間で色情報を変換します。[変換] パラメーターを使用して、変換を行う色空間を指定します。

  • R'G'B' to Y'CbCr

  • Y'CbCr to R'G'B'

  • R'G'B' to intensity

  • R'G'B' to HSV

  • HSV to R'G'B'

  • sR'G'B' to XYZ

  • XYZ to sR'G'B'

  • sR'G'B' to L*a*b*

  • L*a*b* to sR'G'B'

端子

入力

すべて展開する

入力する色情報。P 個の色平面の M x N x P の色行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

RGB カラー情報の R 平面。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

RGB カラー情報の G 平面。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

RGB カラー情報の B 平面。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

輝度信号成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

色差成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

色差成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

強度値。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

色相成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

彩度成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

明度成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

X 成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

Y 成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

Z 成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

輝度成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

a* 成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

b* 成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

出力

すべて展開する

入力する色情報。P 個の色平面の M x N x P の色行列として指定します。

  • 入力が uint8 の場合、Y'CbCruint8 です。Y の範囲は [16 235]CbCr の範囲は [16 240] です。

  • 入力が double の場合、Y' の範囲は [16/255 235/255]CbCr の範囲は [16/255 240/255] です。

データ型: single | double | int8 | uint8

RGB カラー情報の R 平面。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

RGB カラー情報の G 平面。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

RGB カラー情報の B 平面。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

輝度信号成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

色差成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

色差成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

強度値。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | uint8

色相成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

彩度成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

明度成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

X 成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

Y 成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

Z 成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

輝度成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

a* 成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

b* 成分。M 行 N 列の行列として指定します。

データ型: single | double

パラメーター

すべて展開する

変換色空間を次のいずれかとして指定します。

  • R'G'B' to Y'CbCr

  • Y'CbCr to R'G'B'

  • R'G'B' to intensity

  • R'G'B' to HSV

  • HSV to R'G'B'

  • sR'G'B' to XYZ

  • XYZ to sR'G'B'

  • sR'G'B' to L*a*b*

  • L*a*b* to sR'G'B'

R'G'B' 色空間と Y'CbCr 色空間の間で値を変換する際の標準の指定を [Rec. 601 (SDTV)] または [Rec. 709 (HDTV)] とします。

依存関係

このパラメーターは、[変換][R'G'B' to Y'CbCr] または [Y'CbCr to R'G'B'] に設定した場合に表示されます。

R'G'B' 色空間と Y'CbCr 色空間の間で変換を行う際のスキャン標準を [1125/60/2:1] または [1250/50/2:1] として指定します。

依存関係

このパラメーターを表示するには、[使用する変換の指定元] パラメーターを [Rec. 709 (HDTV)] とします。

基準白色点を指定します。

依存関係

このパラメーターは、[変換] パラメーターを [sR'G'B' to L*a*b*] または [L*a*b* to sR'G'B'] に設定した場合に表示されます。

カラー信号の入出力方法を指定します。[1 つの多次元信号] を選択した場合、ブロックは M x N x P のカラー信号を受け入れます。P は、1 つの端子での色平面の数です。[個別のカラー信号] を選択すると、ブロックに追加の端子が表示されます。各端子は、カラー信号ストリームの M 行 N 列の平面を 1 つ受け入れます。

メモ:

プライム記号の表記は、その信号がガンマ補正されていることを示します。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | integer | single

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

アルゴリズム

すべて展開する

参照

[1] Poynton, Charles A. A Technical Introduction to Digital Video. New York: John Wiley & Sons, 1996.

[2] Recommendation ITU-R BT.601-5, Studio Encoding Parameters of Digital Television for Standard 4:3 and Wide Screen 16:9 Aspect Ratios.

[3] Recommendation ITU-R BT.709-5. Parameter values for the HDTV standards for production and international programme exchange.

[4] Stokes, Michael, Matthew Anderson, Srinivasan Chandrasekar, and Ricardo Motta, “A Standard Default Color Space for the Internet - sRGB.” November 5, 1996.

[5] Berns, Roy S. Principles of Color Technology, 3rd ed. New York: John Wiley & Sons, 2000.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入