Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

混合ガウス モデル

期待値最大化アルゴリズムを使用した混合ガウス モデルに基づくクラスター

"混合ガウス モデル" (GMM) では、割り当てられたクラスターにデータ点が属する事後確率が最大になるように各観測値をクラスターに割り当てます。モデルをデータにあてはめる (fitgmdist) かパラメーター値を指定する (gmdistribution) ことにより、GMM オブジェクト gmdistribution を作成します。そして、オブジェクト関数を使用して、クラスター分析の実行 (clusterposteriormahal)、モデルの評価 (cdfpdf)、確率変量の生成 (random) を行います。

関数

すべて展開する

fitgmdistデータへの混合ガウス モデルのあてはめ
gmdistribution混合ガウス モデルの作成
cdf混合ガウス分布の累積分布関数
cluster混合ガウス分布からクラスターを作成
mahal混合ガウス成分に対するマハラノビス距離
pdf混合ガウス分布に対する確率密度関数
posterior混合ガウス成分の事後確率
random混合ガウス分布による確率変量

トピック