最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

DBSCAN (Density-Based Spatial Clustering of Applications with Noise)

DBSCAN アルゴリズムを使用してクラスターと外れ値を求める

DBSCAN では、密度に基づくアプローチを使用して、任意の形状のクラスターおよびデータの外れ値 (ノイズ) を求めます。この手法は、クラスターの個数が事前にはわからない場合に有用です。観測値間のペアワイズ距離または入力データ行列に対するクラスタリングを実行するには、関数 dbscan を使用します。

関数

dbscanDensity-based spatial clustering of applications with noise (DBSCAN)

トピック

DBSCAN

密度に基づくアプローチを使用して、データをクラスターにグループ化し、外れ値を識別します。