ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gamrnd

ガンマ乱数

構文

R = gamrnd(A,B)
R = gamrnd(A,B,m,n,...)
R = gamrnd(A,B,[m,n,...])

説明

R = gamrnd(A,B) は、A の形状パラメーターと B のスケール パラメーターを使用してガンマ分布から乱数を発生します。AB は、すべて同じサイズのベクトル、行列、または複数次元の配列になります。A または B のスカラー入力は、他の入力と同じ次元の定数配列に展開されます。AB のパラメーターは、正の値でなければなりません。

R = gamrnd(A,B,m,n,...) または R = gamrnd(A,B,[m,n,...]) は、パラメーター A および B を使用したガンマ分布からの乱数を含む m X n X ... 配列を生成します。A および B は、それぞれ、R と同じサイズのスカラーまたは配列になります。

n1 = gamrnd(1:5,6:10)
n1 =
  9.1132  12.8431  24.8025  38.5960 106.4164

n2 = gamrnd(5,10,[1 5])
n2 =
  30.9486  33.5667  33.6837  55.2014  46.8265

n3 = gamrnd(2:6,3,1,5)
n3 =
  12.8715  11.3068  3.0982  15.6012  21.6739

拡張機能

R2006a より前に導入