ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

betarnd

ベータ乱数

構文

R = betarnd(A,B)
R = betarnd(A,B,m,n,...)
R = betarnd(A,B,[m,n,...])

説明

R = betarnd(A,B) は、AB によって指定されたパラメーターを使用してベータ分布から乱数を発生させます。A および B は、R のサイズと同じサイズのベクトル、行列、または多次元配列になります。A または B のスカラー入力は、他の入力と同じ次元の定数配列に展開されます。

R = betarnd(A,B,m,n,...) または R = betarnd(A,B,[m,n,...]) は、パラメーター A および B を使用したベータ分布からの乱数を含む m X n X ... 配列を生成します。A および B は、それぞれ、R と同じサイズのスカラーまたは配列になります。

a = [1 1;2 2];
b = [1 2;1 2];

r = betarnd(a,b)
r =
  0.6987  0.6139
  0.9102  0.8067

r = betarnd(10,10,[1 5])
r =
  0.5974  0.4777  0.5538  0.5465  0.6327

r = betarnd(4,2,2,3)
r =
  0.3943  0.6101  0.5768
  0.5990  0.2760  0.5474

拡張機能

R2006a より前に導入