ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

betapdf

ベータ確率密度関数

構文

Y = betapdf(X,A,B)

説明

Y = betapdf(X,A,B) は、AB の対応するパラメーターを使用して、X の各値におけるベータ確率密度関数を計算します。XA、および B は、同じサイズのベクトル、行列、または多次元配列になります。スカラー入力は、他の入力と同じ次元の定数配列に展開されます。A および B のパラメーターは両方とも正であり、X の値は区間 [0, 1] 内に存在しなければなりません。

値 x と a および b のパラメーターのペアが与えられている場合、ベータ確率密度関数は次の式で表されます。

y=f(x|a,b)=1B(a,b)xa1(1x)b1I[0,1](x)

ここで、B( ) はベータ関数です。(0 1) における一様分布は、a = 1 および b = 1 になってベータ確率密度関数が縮退したケースです。

"尤度関数" は、パラメーターの関数と見なされる確率密度関数です。最尤推定量 (MLE) は、x の固定値の尤度関数を最大化するパラメーターの値です。

a = [0.5 1; 2 4]
a =
  0.5000  1.0000
  2.0000  4.0000
y = betapdf(0.5,a,a)
y =
  0.6366  1.0000
  1.5000  2.1875

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入