Main Content

メッセージのプロパティの設定

メッセージは、ローカルで、または Simulink® モデルのチャート間でデータを通信する Stateflow® オブジェクトです。詳細については、メッセージ送信による Stateflow チャートとの通信を参照してください。

メッセージのプロパティは、プロパティ インスペクターまたはモデル エクスプローラーで指定できます。

  • プロパティ インスペクターを使用するには、次を行います。

    1. [モデル化] タブの [データの設計] で、[[シンボル] ペイン] および [プロパティ インスペクター] を選択します。

    2. [シンボル] ペインで、メッセージを選択します。

    3. [プロパティ インスペクター] ペインで、メッセージのプロパティを編集します。

  • モデル エクスプローラーを使用するには、次を行います。

    1. [モデル化] タブの [データの設計] で、[モデル エクスプローラー] を選択します。

    2. [コンテンツ] ペインで、メッセージを選択します。

    3. [メッセージ] ペインで、メッセージのプロパティを編集します。

詳細については、メッセージ送信による Stateflow チャートとの通信を参照してください。

Stateflow のメッセージのプロパティ

名前

メッセージの名前。詳細については、Stateflow オブジェクトの命名ルールを参照してください。

スコープ

メッセージのスコープ。スコープは、メッセージが発生する領域を、親オブジェクトと相対的に指定します。

スコープ説明
入力Simulink モデル内の別のブロックから受信するメッセージ。各入力メッセージには、Stateflow チャートが保持する内部の受信側キューか、Queue ブロックが管理する外部の受信側キューを使用できます。
出力出力端子経由で Simulink モデル内の別のブロックに送信されるメッセージ。
ローカルStateflow チャートに対してローカルなメッセージ。Stateflow チャートは、各ローカル メッセージについて内部の受信側キューを保持します。ローカル メッセージを送信した場合、同じチャート内のステートおよび遷移アクションによって認識されます。ローカル メッセージはチャートの外部には送信できません。

端子

メッセージに関連付けられた端子のインデックス。このプロパティは、入出力メッセージに対してのみ適用されます。

サイズ

メッセージ データ フィールドのサイズ。詳細については、Stateflow データのサイズの指定を参照してください。

実数/複素数

メッセージ データ フィールドが複素数値を受け入れるかどうかを指定します。

実数/複素数の設定説明
オフデータ フィールドは複素数値を受け入れません。
オンデータ フィールドは複素数値を受け入れます。
継承データ フィールドは、実数/複素数の設定を Simulink ブロックから継承します。

既定値は [オフ] です。詳細については、Stateflow チャートの複素数データを参照してください。

データ型

メッセージ データ フィールドの型。データ型を指定するには、次を行います。

  • [データ型] ドロップダウン リストから、組み込み型を選択する。

  • [データ型] フィールドに、データ型として評価される式を入力する。

また、モデル エクスプローラーで、[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックしてデータ型アシスタントを開くこともできます。データの [モード] を指定してから、そのモードに基づいてデータ型を指定します。詳細については、Stateflow データの型の指定を参照してください。

メモ

C をアクション言語として使用するチャートのメッセージでは、マルチワードの固定小数点データ、または型が int64 および uint64 のデータはサポートされません。

初期値

メッセージ データの初期値。Stateflow 階層、MATLAB® ベース ワークスペース、または Simulink のマスク サブシステムで定義された式またはパラメーターを入力します。このプロパティは、ローカル メッセージおよび出力メッセージに対してのみ適用されます。

値を指定しない場合、数値データの既定の値は 0 です。列挙型データの場合、既定値は通常、定義の enumeration セクションのリストに最初に表示されている値です。定義の methods セクションで、列挙型に対して異なる既定値を指定できます。詳細については、列挙データ型の定義を参照してください。

パラメーターへの初期値の関連付けを許可

メッセージ データが、MATLAB ベース ワークスペースの Simulink パラメーターから初期値を継承するように指定します。このプロパティは、ローカル メッセージおよび出力メッセージに対してのみ適用されます。詳細については、MATLAB ベース ワークスペースからのデータの初期化を参照してください。

監視ウィンドウに追加

[Stateflow ブレークポイントと監視ウィンドウ] で、メッセージ キューとデータ フィールドの監視を有効にします。詳細については、ブレークポイントと監視ウィンドウでのデータの表示を参照してください。

メッセージ キューのプロパティ

これらのプロパティは受信側キューの動作を定義し、入力メッセージとローカル メッセージのみに適用されます。

内部キューの使用

Stateflow チャートが入力メッセージ用に内部の受信側キューを保持するよう指定します。既定では、このプロパティは有効にされています。このプロパティを無効にした場合、メッセージ入力端子を次に接続することができます。

  • Simulink モデル内で外部キューを管理する Queue ブロック

  • メッセージがモデルの境界を超えられるようにする、ルートレベルの Inport ブロック

外部メッセージ キューの詳細については、メッセージを参照してください。

キューの容量

内部の受信側キューに保持されるメッセージの最大数を指定します。キューがいっぱいのときにチャートがメッセージを送信すると、キューのオーバーフローが発生します。メッセージの除外を回避するには、受信メッセージによってキューがオーバーフローしないように、キューの容量を十分に大きい値に設定します。キューの最大容量は 216–1 です。

キュー オーバーフローの診断

受信メッセージの数がキューの容量を超えたときの診断アクションのレベルを指定します。既定のオプションは [エラー] です。

診断設定説明
エラーキューがオーバーフローすると、シミュレーションはエラーで停止します。
警告キューがオーバーフローすると、最後のメッセージが除外され、シミュレーションは警告を表示して続行されます。
なしキューがオーバーフローすると、最後のメッセージが除外され、シミュレーションは警告を表示せずに続行されます。

キュー タイプ

メッセージが受信側キューから削除される順序を指定します。既定のオプションは [FIFO] です。

キュー タイプ設定説明
FIFO先入れ先出し法
LIFO後入れ先出し法
Priority

データ フィールド内の値に従ってメッセージを削除します。この設定を選択すると、次のオプションをもつ優先順位フィールドが表示されます。

  • Ascending - メッセージはメッセージ データ値の昇順で削除されます。

  • Descending - メッセージはメッセージ データ値の降順で削除されます。

参考

関連するトピック