Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink Control Design

モデルの線形化と制御システムの設計

Simulink® Control Design™ では、Simulink でモデル化された制御システムの設計と解析を行うことができます。PID コントローラーを含め、任意の SISO 制御アーキテクチャおよび MIMO 制御アーキテクチャを自動調整することが可能です。PID 自動調整は、PID ゲインをリアルタイムで自動計算するために組み込みソフトウェアに展開することができます。また、コントローラーがプラント条件の変化に適応する必要があるアプリケーション用に、モデルに依存しない極値探索制御とモデル参照適応制御を実装できます。

操作点を検出し、さまざまな操作条件で Simulink モデルの正確な線形化を計算できます。Simulink Control Design には、モデルを変更せずにシミュレーションベースの周波数応答を計算できるツールが用意されています。

SimulinkControl Design 入門

Simulink Control Design の基礎を学ぶ

操作点

仕様 (平衡化) またはシミュレーション時間からモデルの操作点を検出、操作点でのモデルの初期化

線形化

モデルの線形化、線形化システムの特性をシミュレーション中に可視化

周波数応答の推定

Simulink モデルまたは物理プラントに対して周波数応答を推定し、周波数領域の特性を調べる。

制御システムの設計と調整

PID コントローラーや他の制御アーキテクチャを自動的にまたは対話形式で調整

モデル検証

指定した境界に対する線形モデルの時間領域および周波数領域の特性の検証、サブシステムの検証