Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

リアルタイムの PID 自動調整

プラント周波数応答を使用した、モデルに依存しないリアルタイムの PID ゲイン調整

PID 自動調整では、PID コントローラーをリアルタイムで物理プラントに対して調整することができます。Simulink® Coder™ のようなコード生成製品がある場合、ハードウェアに調整アルゴリズムを実装するコードを生成して、ループ内で Simulink の有無にかかわらず調整を行うことが可能です。はじめに、PID 自動調整の機能を参照してください。

ブロック

Closed-Loop PID Autotuner閉ループの実験から推定したプラント周波数応答に基づき PID ゲインをリアルタイムで自動調整
Open-Loop PID Autotuner開ループ実験から推定されたプラントの周波数応答に基づき PID ゲインをリアルタイムで自動調整

トピック

PID 自動調整を使用する場合

PID 自動調整では、パラメトリックなプラント モデルや初期のコントローラー設計なしで PID コントローラーを調整できます。アルゴリズムを展開し、コントローラーを物理プラントに対してリアルタイムで調整します。

PID 自動調整の機能

PID 自動調整を使用するには、PID 自動調整器ブロックを構成して展開する。ブロックはプラントにテスト信号を挿入し、推定した周波数応答に基づいて PID ゲインを調整します。

Simulink でモデル化されたプラントの PID 自動調整

PID 自動調整アルゴリズムを使用して、モデルの実行中に Simulink でモデル化されたプラントに対して調整を行う。

リアルタイムの PID 自動調整

PID 自動調整アルゴリズムを物理システムに対するリアルタイム調整のためのスタンドアロン アプリケーションとして展開する。

Simulink でのリアルタイムの PID 自動調整の制御

Simulink で調整プロセスを制御しながら物理プラントに対して PID アルゴリズムを実行する。

Closed-Loop PID Autotuner ブロックを使用した PID コントローラーのリアルタイム調整

プラント入力に正弦波摂動信号を挿入して閉ループ実験中にプラント出力を測定することにより、単一ループの PID コントローラーをリアルタイムで調整する。

Open-Loop PID Autotuner ブロックを使用した PID コントローラーのリアルタイム調整

プラント入力に正弦波摂動信号を挿入して開ループ実験中にプラント出力を測定することにより、単一ループの PID コントローラーをリアルタイムで調整する。

注目の例