Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スケジュール エディターを使用したエクスポート関数モデルのシミュレーションのテスト

スケジュール エディターを使用して、シミュレーションの関数呼び出しコンポーネントをスケジュールします。この手法は、関数呼び出しコンポーネントの実行の順序を設定し、コンポーネント間のデータ依存関係を確認する場合に便利です。

  • 新しい Simulink® モデルを作成します。

  • エクスポート関数モデルを参照する Model ブロックを追加します。

  • スケジュール エディターを使用して関数呼び出しイベントを指定します。

  • データ入力を指定します。

  • シミュレーションを実行します。

この例のモデルの作成については、エクスポート関数モデルの作成を参照してください。

Open a completed test model

シミュレーション用のテスト モデル (ハーネス) の作成

Simulink テスト モデルはシミュレーションに対してのみ使用されます。シミュレーション テストの後に、エクスポート関数モデルからコードを生成し、エクスポートした関数コードを外部でコード化されたスケジューラと手動で統合します。Model ブロックからエクスポート関数モデルを参照すると、モデルそのものを変更しなくても、関数呼び出しイベントを追加したり、テスト用のデータ信号のログ記録が可能になります。

  1. 新しい Simulink モデルを作成します。

  2. [モデル化] タブおよび [設定] セクションで、[モデル設定] を選択します。

    [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの左のペインで、[ソルバー] を選択します。右側のペインで、[ソルバーの詳細] の矢印を選択し、追加のパラメーターを表示します。[各離散レートを個別のタスクとして扱う][データ転送に対するレート変換を自動的に取り扱う] のチェック ボックスをオンにします。

  3. Model ブロックをモデルに追加します。

  4. [モデル化] タブで [設計] セクションを選択してから、[プロパティ インスペクター] を選択します。

    [モデル名] ボックスに、export_function_model と入力します。[レートのスケジュール] チェック ボックスをオンにします。[レートのスケジュール] ドロップダウン リストで、[スケジュール エディター] を選択します。

  5. Outport ブロックを、Model ブロックの [output_100ms] 端子と [output_10ms] 端子に追加します。

  6. Sine Wave ブロックを追加してデータ入力を設定します。[振幅]2[サンプル時間]0.01 に設定します。ブロックを Model ブロックの [input_10ms] 入力端子に接続します。

スケジュール エディターを使用した関数呼び出しイベントの作成

スケジュール エディターを使用して、ルートレベルの関数呼び出し Inport ブロックでイベントが発生したことを示す時間ベクトルを定義し、関数呼び出しイベントを提供します。

  1. スケジュール エディターを開きます。[モデル化] タブおよび [設計] セクションで、[スケジュール エディター] を選択します。スケジュール エディターにより関数呼び出し Inport ブロックが分割され、ブロック名を使用して分割に名前が付けられます。

  2. function_call_2 分割を選択します。[ヒット時間] ボックスに、0 で開始し、周期的に 0.01 ずつ 10 まで増える値をもつ行列を入力します。0.01 の倍数である乱数値をもつ行列を入力し、非同期動作をテストすることもできます。

  3. function_call_1 分割を選択します。[ヒット時間] ボックスに、0 で開始し、0.1 ずつ 10 まで増える値をもつ行列を入力します。

エクスポート関数モデルのシミュレーション

エクスポート関数モデルをシミュレートして、コードを生成する前にその動作をテストおよび確認します。

  1. コンフィギュレーション パラメーター [ソルバー タイプ] が [固定ステップ]、[ソルバー] が [離散 (連続状態なし)] または [自動 (ソルバーの自動選択)]、および [固定ステップ サイズ (基本サンプル時間)][auto] に設定されていることを確認します。

  2. データ信号のログ記録をセットアップします。出力端子信号を右クリックし、[選択した信号のログ] チェック ボックスをオンにします。

  3. [シミュレーション] タブで、実行ボタン を選択します。

  4. ツールストリップ アイコン をクリックして、シミュレーション データ インスペクターを開きます。

モデルをテストした後に、関数のコードを生成できます。エクスポート関数モデルのコードの生成を参照してください。

参考

ブロック

関連するトピック