Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB Function Block プロパティ

この節では、MATLAB Function ブロックの各プロパティについて説明します。

名前

MATLAB Function ブロックの名前。

更新方法

MATLAB Function ブロックをアクティブにする方法。以下の更新方法から選択できます。

更新方法説明
継承
(既定の設定)
Simulink® モデルからの入力により MATLAB Function ブロックがアクティブになります。

入力トリガーを定義すると、MATLAB Function ブロックはトリガー端子での Simulink 信号や関数呼び出しイベントに応じて実行されます。入力トリガーを定義しないでおくと、MATLAB Function ブロックはモデルから暗黙的にトリガーを継承します。これらの暗黙的なイベントは、入力値をチャートに渡す信号のサンプル時間 (離散または連続) に対応して発生します。

データ入力を定義すると、MATLAB Function ブロックは最も速いデータ入力レートでサンプリングします。データ入力を定義しないでおくと、MATLAB Function ブロックはその親サブシステムの実行動作に定義されているとおりにサンプリングします。
離散MATLAB Function ブロックはそのブロックに指定されている [サンプル時間] プロパティのレートに従ってサンプリングされます。暗黙的イベントは、指定されたレートに対応する一定の時間間隔で生成されます。サンプル時間は、Simulink シミュレーション時間と単位が同じです。モデルの他のブロックは、異なるサンプル時間をもつ可能性があることに注意してください。
連続Simulink ソフトウェアは、シミュレーションの各ステップで、またソルバーからの要求に応じてその間の時間点で MATLAB Function ブロックを起動 (サンプリング) します。この手法は、連続時間法に対応します。

整数オーバーフローで飽和

MATLAB Function ブロックが整数演算中に発生するオーバーフロー条件をどう扱うかを決定するオプション:

設定オーバーフロー発生時のアクション
有効
(既定の設定)
整数をワード サイズが許容する最大の正または負の値に設定することにより飽和します。MATLAB® の動作と同じです。
無効シミュレーション モードでは、ランタイム エラーを発生します。Simulink Coder™ コード生成での動作は、C 言語のコンパイラにより異なります。

メモ

[整数オーバーフローで飽和] オプションは整数の計算にしか影響しません。固定小数点や倍精度の計算には影響しません。

[整数オーバーフローで飽和] を有効にすると、MATLAB は整数のオーバーフローとアンダーフローを検出するためのチェックをシミュレーション中に追加します。したがって、整数のオーバーフローやアンダーフローが発生しないことが確実な MATLAB Function ブロックのコードでは、このオプションを無効にした方が無駄が省けます。

Simulink Coder で生成されたコードは整数のオーバーフローやアンダーフローをチェック "しません"。したがって、[整数オーバーフローで飽和] を無効にすると予期できない結果になる可能性があることに注意してください。このような場合、最初にオーバーフローとアンダーフローをチェックするためのシミュレーションを実行してからコードを生成するようにしてください。

可変サイズの配列をサポート

この MATLAB Function ブロックが、シミュレーション中に次元が変化する入力と出力をサポートすることを指定します。詳細については、可変サイズ入出力の宣言を参照してください。

直達を許可

この MATLAB Function ブロックが直達セマンティクスをサポートし、そのためブロックの出力が入力の値によって直接制御されることを指定します。[直達を許可] を無効にすると、非直達セマンティクスにより、出力がブロックの現在の状態に確実に依存するようになります。非直達を使用すると、フィードバック ループで MATLAB Function ブロックを使用し、代数ループを回避できます。詳細については、MATLAB Function ブロックでの非直達の使用を参照してください。

エディターをロックする

MATLAB Function ブロック エディターをロックするためのオプション。有効になっていると、MATLAB Function ブロックをユーザーが変更できなくなります。

これらの継承される Simulink 信号タイプを fi オブジェクトとして扱う

その設定をすることで、継承した固定小数点と整数の信号を Fixed-Point Designer™ の fi (Fixed-Point Designer) オブジェクトとして扱うかどうかが決まります (fi オブジェクトの作成方法 (Fixed-Point Designer))。

  • [固定小数点] を選択すると、MATLAB Function ブロックはすべての固定小数点入力を Fixed-Point Designer の fi オブジェクトとして扱います。

  • [固定小数点と整数] を選択すると、MATLAB Function ブロックはすべての固定小数点と整数入力を Fixed-Point Designer の fi オブジェクトとして扱います。

MATLAB Function ブロックの fimath

MATLAB Function ブロックに fimath プロパティを定義する設定。ブロックは指定した fimath プロパティを以下のオブジェクトに関連付けます。

  • fi オブジェクトとして取り扱うように指定した MATLAB Function ブロックに対するすべての固定小数点と整数の入力信号。

  • MATLAB Function ブロック内に作成されたすべての fifimath オブジェクト。

MATLAB Function ブロックの fimath に対して下のオプションを選択できます。

設定説明
MATLAB と同じ

このオプションを選択すると、ブロックは現在の既定の fimath と同じ fimath プロパティを使用します。エディット ボックスが薄色表示され、現在のグローバル fimath が読み取り専用形式で表示されます。

それ以外を指定

このオプションを選択すると、エディット ボックス内で独自の fimath (Fixed-Point Designer) オブジェクトを指定できます。それには次の 2 つの方法があります。

  • fimath オブジェクトをエディット ボックス内で作成する。

  • fimath オブジェクトを MATLAB またはモデル ワークスペース内で作成して、その変数名をエディット ボックスに入力する。このオプションを使用し、モデルを他のユーザーと共有する場合は、変数をモデル ワークスペースで定義することを忘れないようにしてください。固定小数点 MATLAB Function ブロックを使用したモデルの共有 (Fixed-Point Designer)を参照してください。

fimath (Fixed-Point Designer) オブジェクトに関する詳細は、fimath オブジェクトの作成 (Fixed-Point Designer)を参照してください。

説明

MATLAB Function ブロックの説明。

ドキュメント リンク

MATLAB Function ブロックのドキュメンテーションへのリンク。MATLAB Function ブロックのドキュメンテーションを提供するには、適切な形式 (HTML ファイルや MATLAB コマンド ウィンドウのテキストなど) でドキュメンテーションを表示する Web の URL アドレスや MATLAB 式を [ドキュメント リンク] プロパティに設定します。MATLAB Function ブロックは青い [ドキュメント リンク] テキストがクリックされるとその式を評価します。

参考

関連する例

詳細