Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

fimath オブジェクトの作成

fimath オブジェクトの構文

fi オブジェクトの算術属性は、その fi オブジェクトに付加されているローカル fimath オブジェクトによって定義されます。fi オブジェクトにローカル fimath が存在しない場合は、以下の既定の fimath 値が使用されます。

        RoundingMethod: Nearest
        OverflowAction: Wrap
           ProductMode: FullPrecision
               SumMode: FullPrecision

Fixed-Point Designer™ ソフトウェアで fimath オブジェクトを作成するには次の 2 つの方法があります。

  • コンストラクター関数 fimath を使用して新しい fimath オブジェクトを作成します。

  • コンストラクター関数 fimath を使用して既存の fimath オブジェクトをコピーします。

まず、以下のように入力します。

F = fimath

これで fimath オブジェクトが作成されます。

F =
 
        RoundingMethod: Nearest
        OverflowAction: Wrap
           ProductMode: FullPrecision
               SumMode: FullPrecision

fimath オブジェクトをコピーするには、次の例のように代入を使用します。

F = fimath;
G = F;
isequal(F,G)
ans =

     1

次の構文も使用できます。

F = fimath(...'PropertyName',PropertyValue...)

この構文を使用すると、オブジェクトの作成時にプロパティ名/プロパティ値のペアを使用して fimath オブジェクトのプロパティを設定できます。オブジェクト作成時の fimath プロパティの設定を参照してください。

GUI での fimath オブジェクト コンストラクターの作成

MATLAB® でファイルを操作するとき、[fimath コンストラクターの挿入] ダイアログ ボックスを使用して fimath オブジェクト コンストラクターを作成できます。このダイアログ ボックスで fimath オブジェクトのプロパティを指定した後、事前入力されている fimath オブジェクト コンストラクターをファイルの特定の場所に挿入できます。

たとえば、偶数丸めを使用してオーバーフロー時にラップする fimath オブジェクトを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. [ホーム] タブの [ファイル] セクションで、[新規][スクリプト] をクリックして MATLAB エディターを開きます。

  2. [エディター] タブの [編集] セクションで、[挿入] ボタン グループの をクリックします。[fimath を挿入] をクリックして [fimath コンストラクターの挿入] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. エディット ボックスとドロップダウン メニューを使用して、fimath オブジェクトの以下のプロパティを指定します。

    • Rounding method = Floor

    • Overflow action = Wrap

    • Product mode = FullPrecision

    • Sum mode = FullPrecision

  4. fimath オブジェクト コンストラクターをファイルに挿入するには、ファイル内の目的の場所にカーソルを置きます。[fimath コンストラクターの挿入] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。[OK] をクリックすると、[fimath コンストラクターの挿入] ダイアログ ボックスが閉じて、次のようにファイルに fimath オブジェクト コンストラクターが自動的に入力されます。