Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

可変サイズ入出力の宣言

既定では、MATLAB Function ブロック入力信号または出力信号は可変サイズではありません。信号を可変サイズにするには、次のようにします。

  1. MATLAB Function ブロック エディターで、[データの編集] を選択します。

  2. 入力信号または出力信号を選択します。

  3. [可変サイズ] チェック ボックスをオンにします。

  4. 次の表に従って、サイズを入力します。

    スコープ[指定]
    入力 Simulink® からサイズを継承するには、-1 を入力します。

    継承しない場合は、明示的なサイズと上限を指定します。たとえば、2 行 4 列の行列を指定するには、[2 4] と入力します。

    出力サイズと上限を明示的に指定します。

関連するトピック