Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル比較結果のエクスポート、印刷、保存

印刷可能なレポートの保存

モデル比較レポートの印刷可能なバージョンを保存するには、次を行います。

  1. [比較] タブで [パブリッシュ][HTML][Word]、または [PDF] を選択します。

    [保存] ダイアログ ボックスが開き、モデル比較レポートの印刷可能なバージョンを保存するよう選択できます。

  2. レポートのファイル名と保存場所を選択します。

このレポートは、比較の記録を印刷、共有またはアーカイブするための、アルゴリズムで検出された差分の非対話型ドキュメントです。フィルターを適用した場合、フィルターされた結果が印刷可能レポートに表示されます。

あるいは、関数 visdiff を使用して比較レポートをファイルにパブリッシュできます。

ワークスペースへの結果のエクスポート

比較の結果を MATLAB® ベース ワークスペースにエクスポートするには、次を行います。

  1. [比較] タブで、[パブリッシュ][ワークスペース変数] を選択します。

    [入力変数名] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. ダイアログ ボックスでエクスポートするオブジェクトの名前を指定し、[OK] をクリックします。この操作により、モデルの比較結果がワークスペース内の xmlcomp.Edits オブジェクトに保存されます。

xmlcomp.Edits オブジェクトには、ファイル名、適用されたフィルター、2 つのファイル間で異なる階層ノードなど、比較についての情報が含まれます。

比較ツールを開かずにコマンド ラインで xmlcomp.Edits オブジェクトを作成するには、以下を入力します。

Edits = slxmlcomp.compare(modelname_A,modelname_B) 

xmlcomp.Edits のプロパティ説明
Filtersフィルターの構造体配列の配列。各構造体には名前と値の 2 つのフィールドがあります。
LeftFileName左側のモデルのファイル名。
LeftRoot左側のツリーのルートを参照する xmlcomp.Node オブジェクト。
RightFileName右側のモデルのファイル名。
RightRoot右側のツリーのルートを参照する xmlcomp.Node オブジェクト。
TimeSaved結果がワークスペースにエクスポートされた時間。
Versionxmlcomp.Edits オブジェクトの MathWorks® リリース固有のバージョン番号。
xmlcomp.Node のプロパティ説明
Children子ノードへの xmlcomp.Node 参照の配列 (存在する場合)。
Editedboolean — Edited = true の場合、ノードが挿入されているか、変更済みのマッチしたペアの一部であるかのいずれかです。
Nameノードの名前。
Parametersパラメーター構造体配列の配列。各構造体には名前と値の 2 つのフィールドがあります。
Parent親ノードへの xmlcomp.Node 参照 (存在する場合)。
Partnerマッチした場合の Partner は、他のツリー内でマッチしたパートナー ノードへの xmlcomp.Node 参照です。それ以外の場合、空 [] です。

参考