Main Content

Simulink.sdi.setRequiredFreeSpace

ログ データ記録時の最小空きディスク容量を指定

    説明

    Simulink.sdi.setRequiredFreeSpace(minDiskSpace) は、ログ データの記録時に最低でも minDiskSpace で指定される数の GB 分の空き容量を残すようにログを設定します。

    最小空きディスク容量を設定するとき、関数 Simulink.sdi.setDeleteRunsOnLowSpace を使用することでディスク空き容量の制限値が近づいたときの動作を設定することもできます。詳細については、ログ データの最小ディスク容量要件または最大サイズの指定を参照してください。

    すべて折りたたむ

    シミュレーションのデータをログに記録すると、大量のデータが生成されて、ディスク容量が一杯になる場合があります。ディスク容量が一杯になったことに関連する問題を軽減するため、最小ディスク容量の要件、ログ データの最大サイズ、またはその両方を指定できます。ログ データが指定した最大サイズを超える、またはディスク使用量がディスク空間の要件を超えるのを防ぐため、以前の実行データを削除したり、ログ データの記録を無効にしたりすることができます。現在のシミュレーションのデータのログ記録と、以前のシミュレーション データの保持のどちらを優先するかを指定できます。

    関数 Simulink.sdi.setRequiredFreeSpace を使用して、最低でも 1 GB の空きディスク容量を残すようログを設定します。

    Simulink.sdi.setRequiredFreeSpace(1);

    関数 Simulink.sdi.setMaxDiskUsage を使用して、ログ データの最大サイズを 100 GB に指定します。

    Simulink.sdi.setMaxDiskUsage(100);

    ログ データのサイズを設定するとき、ログ データの制限値が近づいたときの動作も指定できます。以前の実行のデータの保持と、現在の実行のデータのどちらを優先するかを指定できます。

    既定の設定では、現在のシミュレーション データが優先されます。ログ データのサイズが設定された制限値に近づくと、以前のシミュレーションのデータが削除されます。実行データを削除しても十分な空き容量が得られない場合、データのログ記録が無効になり、それ以降、現在のシミュレーションのデータは保存されなくなります。代わりに以前のシミュレーション データを優先する設定を選択した場合、ログ データが設定された制限値に近づくと直ちにログ記録が無効になります。実行データが削除されるときやログ記録が無効になるときには、警告が表示されます。

    関数 Simulink.sdi.setDeleteRunsOnLowSpace を使用して、以前の実行データの保持を優先するようにログを設定します。

    Simulink.sdi.setDeleteRunsOnLowSpace(false);

    ログ データのサイズが原因でログ記録が無効になった場合、以降のシミュレーションのデータを保存するには記録を再度有効にする必要があります。記録を有効化するには、関数 Simulink.sdi.setRecordData を使用します。

    Simulink.sdi.setRecordData(true);

    入力引数

    すべて折りたたむ

    必要な最小空きディスク容量。スカラーとして GB 単位で指定します。最小ディスク容量の要件はログ データのサイズを制限する方法の 1 つです。[ディスク容量の不足時] の設定は最小ディスク容量の要件に近づいたときの動作を指定します。詳細については、ログ データの最小ディスク容量要件または最大サイズの指定を参照してください。

    例: Simulink.sdi.setRequiredFreeSpace(0.5) は、最低でも 0.5 GB の空きディスク容量を残すようログを設定します。

    バージョン履歴

    R2021a で導入