ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

show

クラス: Simulink.data.Dictionary
パッケージ: Simulink.data

モデル エクスプローラーにデータ ディクショナリを表示

構文

show(dictionaryObj)
show(dictionaryObj,openModelExplorer)

説明

show(dictionaryObj) は、モデル エクスプローラーを開き、データ ディクショナリ dictionaryObj[モデルの階層構造] ペインに選択されたツリー ノードとして表示します。

show(dictionaryObj,openModelExplorer) では、モデル エクスプローラーを開かずに [モデルの階層構造] ペインにターゲットのディクショナリを追加できます。

入力引数

すべて展開する

ターゲットのデータ ディクショナリ。Simulink.data.Dictionary オブジェクトとして指定します。この関数を使用する前に、関数 Simulink.data.dictionary.create や関数 Simulink.data.dictionary.open を使用してターゲットのディクショナリを Simulink.data.Dictionary オブジェクトで表しておきます。

モデル エクスプローラーを開くフラグ。true または false として指定します。

データ型: logical

すべて展開する

データ ディクショナリ myDictionary_ex_API.sldd を開き、myDictionaryObj という名前の Simulink.data.Dictionary オブジェクトで表します。

myDictionaryObj = Simulink.data.dictionary.open('myDictionary_ex_API.sldd');

モデル エクスプローラーを開き、[モデルの階層構造] ペインにモデルの階層構造ツリーの選択されたノードとして myDictionary_ex_API を表示します。

show(myDictionaryObj)

データ ディクショナリ myDictionary_ex_API.sldd を開き、myDictionaryObj という名前の Simulink.data.Dictionary オブジェクトで表します。

myDictionaryObj = Simulink.data.dictionary.open('myDictionary_ex_API.sldd');

モデル エクスプローラーを開かずにモデルの階層構造ツリーに myDictionary_ex_API.sldd を追加します。

show(myDictionaryObj,false)

モデル エクスプローラーを手動で開いて、モデルの階層構造ツリーに myDictionary_ex_API が追加されたことを確認できます。

ヒント

  • モデル エクスプローラーの [モデルの階層構造] ペインのツリーからデータ ディクショナリを削除するには、関数 hide を使用します。関数 show を使用するかモデル エクスプローラーでインターフェイスを使ってディクショナリを開いて表示するまで、ディクショナリは階層構造に表示されなくなります。

R2015a で導入