ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getSection

クラス: Simulink.data.Dictionary
パッケージ: Simulink.data

データ ディクショナリ セクションを表す Simulink.data.dictionary.Section オブジェクトを返す

構文

sectionObj = getSection(dictionaryObj,sectionName)

説明

sectionObj = getSection(dictionaryObj,sectionName) は、データ ディクショナリ dictionaryObj (Simulink.data.Dictionary オブジェクト) の 1 つのセクション sectionName を表す Simulink.data.dictionary.Section オブジェクトを返します。

データ ディクショナリのプログラミング用インターフェイス (プログラムによるディクショナリへのデータの格納を参照) は、データ ディクショナリの [Embedded Coder] セクションへのアクセスには使用できません。代わりに、Embedded Coder ディクショナリを参照してください。

入力引数

すべて展開する

ターゲットのセクションを含むデータ ディクショナリ。Simulink.data.Dictionary オブジェクトとして指定します。この関数を使用する前に、関数 Simulink.data.dictionary.create や関数 Simulink.data.dictionary.open を使用してディクショナリを Simulink.data.Dictionary オブジェクトで表しておきます。

ターゲットのデータ ディクショナリ セクションの名前。文字ベクトルとして指定します。

例: 'Design Data'

例: 'Configurations'

データ型: char

すべて展開する

データ ディクショナリ myDictionary_ex_API.sldd を開き、myDictionaryObj という名前の Simulink.data.Dictionary オブジェクトで表します。

myDictionaryObj = Simulink.data.dictionary.open('myDictionary_ex_API.sldd');

データ ディクショナリ myDictionary_ex_API.sldd の [Design Data] セクションを dDataSectObj という名前の Simulink.data.dictionary.Section オブジェクトで表します。

dDataSectObj = getSection(myDictionaryObj,'Design Data')
dDataSectObj = 

  Section with properties:

    Name: 'Design Data'

R2015a で導入