Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

add_block

ブロックをモデルに追加

説明

h = add_block(source,dest) では、ライブラリまたはモデルからのブロック source のコピーが、指定した宛先のモデルおよびブロック名に追加されます。この構文では、モデルまたはライブラリ モデルに表示される場所と同じ場所にブロックが作成されます。

モデル間またはライブラリからコピーする場合、宛先のモデルを最初に読み込みます。

h = add_block(source,dest,'MakeNameUnique','on') により、宛先のブロック名がモデル内で確実に固有になります。その名前をもつブロックが存在する場合は、この構文によって宛先のブロック名に数値が追加され、名前が確実に固有になるようにインクリメントされます。

h = add_block(___,'CopyOption','nolink') は、ライブラリ ブロックへのリンクを作成せずにブロックまたはサブシステム source をライブラリからコピーします。

h = add_block(sourceIn,destIn,'CopyOption','duplicate') によりサブシステム内の Inport ブロックが複製され、宛先のブロックにソース ブロックと同じ端子番号が与えられます。入力端子を複製し、端子を作成またはラインを追加せずに入力端子から信号を分岐します。詳細については、重複する Inport の作成を参照してください。

h = (___,Name,Value) はオプションの Name,Value 引数を使用します。

オプションのコンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペア引数を任意の順序で指定できます。

関数 add_block では、ブロック パラメーターと値のペアを使用できます。すべてのブロック パラメーターのリストについては、共通のブロック プロパティブロック固有のパラメーターを参照してください。

すべて折りたたむ

Simulink® ライブラリからモデル f14 にブロックを追加します。

宛先のモデルを読み込むか開きます。

open_system('f14');

Scope ブロックを Simulink Sinks ライブラリから f14 に追加し、新しいブロックに MyScope という名前を付けます。

add_block('simulink/Sinks/Scope','f14/MyScope');

モデル f14 から vdp にブロックのコピーを追加します。

宛先のモデルを読み込むか開きます。

open_system('vdp');

Actuator Model ブロックを f14 から vdp に追加します。

add_block('f14/Actuator Model','vdp/Actuator Model');

Simulink ライブラリからモデル vdp にブロックを追加します。Scope という名前のブロックが vdp に既にあるため、MakeNameUnique オプションを使用して新しいブロック名が確実に固有になるようにします。

宛先のモデルを読み込むか開きます。

open_system('vdp');

Simulink Sinks ライブラリから Scope ブロックを vdp に追加し、名前が確実に固有になるようにします。

add_block('simulink/Sinks/Scope','vdp/Scope','MakeNameUnique','on')

f14/Controller サブシステムで、そのサブシステム内の別の Inport と同じ端子番号を使用する Inport ブロックを追加します。

Controller サブシステム内で Stick Input (in) ブロックを複製し、そのコピーに Stick Input (in)2 という名前を指定します。得られるブロックは Stick Input (in) と同じ端子番号を使用しますが、親サブシステムで入力端子は追加しません。その端子に入る信号は両方の入力端子に分岐します。

add_block('f14/Controller/Stick Input (in)',...
'f14/Controller/Stick Input (in)2','CopyOption','duplicate')

ライブラリからモデルにブロックを追加し、Name,Value のペアを使用してパラメーターを設定します。

宛先のモデルを読み込むか開きます。

open_system('vdp');

Gain ブロックをライブラリから vdp に追加し、Gain 値を 5 に設定します。

add_block('simulink/Math Operations/Gain','vdp/Five','Gain','5')

入力引数

すべて折りたたむ

モデルにコピーするブロック。次のように指定します。

  • 別のモデルからブロックをコピーする場合は、絶対ブロック パス名。たとえば、'vdp/Mu'。この使用方法によりブロックとその設定がコピーされます。

  • ライブラリからブロックを追加する場合はライブラリ ブロックのパス名。たとえば、'simulink/Math Operations/Gain'

    ライブラリ ブロックのパス名を取得するには、ライブラリ ブラウザーでブロックにカーソルを合わせます。あるいは、ライブラリ モデルを開き、ブロックを選択して、コマンド ラインに gcb を入力できます。ライブラリ モデルを開くには、ライブラリ ブラウザーのライブラリ リストでライブラリ名を右クリックし、[library_name ライブラリを開く] を選択します。

構文 'built-in/blocktype' をソース ブロックのパス名として使用することもできます。ここで、blocktype はプログラム上のブロック名で、BlockType パラメーターの値です (共通のブロック プロパティを参照)。ただし、'built-in/blocktype' を使用して追加されたブロックはライブラリ ブロックと異なる既定のパラメーター値をもつ場合があります。

サブシステムとマスクされたブロックの場合、ライブラリ ブロックのパス名を使用します。BlockType 値 (SubSystem) を使用して空のサブシステムを作成します。

例: 'vdp/Mu', 'simulink/Sinks/Scope'

モデル内の新しいブロックの名前と場所。ブロック パス名として指定します。

例: 'f14/Controller/MyNewBlock'

コピーする端子番号の Inport ブロック。ブロック パス名として指定します。

例: 'f14/Controller/Stick Input (in)', 'myModel/mySubsystem/In1'

重複した端子番号をもつ作成対象の Inport ブロック。ブロック パス名として指定します。ソース ブロックと同じシステム内に宛先のブロックを作成します。

例: 'myModel/mySubsystem/DupPortIn'

出力引数

すべて折りたたむ

新しいブロック。ハンドルとして返されます。

R2006a より前に導入