最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

zp2tf

零点-極-ゲイン フィルター パラメーターの伝達関数型への変換

説明

[b,a] = zp2tf(z,p,k) は、単入力多出力 (SIMO) システムの因数分解された伝達関数表現

H(s)=Z(s)P(s)=k(sz1)(sz2)(szm)(sp1)(sp2)(spn)

を、多項式伝達関数表現

B(s)A(s)=b1s(n1)++b(n1)s+bna1s(m1)++a(m1)s+am.

に変換します。

すべて折りたたむ

次の微分方程式に従う、減衰ばね質量系の伝達関数を計算します。

w¨+0.01w˙+w=u(t).

測定可能な量は加速度 y=w¨ で、u(t) は駆動力です。ラプラス空間では、このシステムは次のように表されます。

Y(s)=s2U(s)s2+0.01s+1.

システムは、単位ゲイン、s=0 における二重零点および 2 つの複素共役極を持ちます。

k = 1;
z = [0 0]';
p = roots([1 0.01 1])
p = 2×1 complex

  -0.0050 + 1.0000i
  -0.0050 - 1.0000i

zp2tf を使用して伝達関数を求めます。

[b,a] = zp2tf(z,p,k)
b = 1×3

     1     0     0

a = 1×3

    1.0000    0.0100    1.0000

入力引数

すべて折りたたむ

システムの零点。列ベクトルまたは行列として指定します。z には、出力と同数の列があります。零点は、実数か、または複素共役対でなければなりません。ある列が他の列より少ない零点を持つ場合、z 内で Inf の値をプレースホルダーとして使用します。

例: [1 (1+1j)/2 (1-1j)/2]'

データ型: single | double
複素数のサポート: あり

システムの極。列ベクトルとして指定します。極は、実数か、または複素共役対でなければなりません。

例: [1 (1+1j)/2 (1-1j)/2]'

データ型: single | double
複素数のサポート: あり

システムのゲイン。列ベクトルとして指定します。

例: [1 2 3]'

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

伝達関数の分子係数。行ベクトルまたは行列として返されます。b が行列の場合は、行数は z の列数と等しくなります。

伝達関数の分母係数。行ベクトルとして返されます。

アルゴリズム

システムは、p と z の列を使用して、poly により伝達関数型に変換されます。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入