ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

zp2ss

零点-極-ゲイン フィルター パラメーターの状態空間形式への変換

構文

[A,B,C,D] = zp2ss(z,p,k)

説明

zp2ss では、与えられたシステムの零点-極-ゲイン表現が等価な状態空間表現に変換されます。

[A,B,C,D] = zp2ss(z,p,k) では、単入力多出力の状態空間表現

x˙=Ax+Buy=Cx+Du

が、与えられた因数分解された伝達関数型から求められます。

H(s)=Z(s)P(s)=k(sz1)(sz2)(szn)(sp1)(sp2)(spn)

列ベクトル p は極の位置、行列 z は零点の位置をそれぞれ指定し、出力と同数の列をもっています。各分子の伝達関数のゲインは、ベクトル k で指定されます。行列 ABC、および D は、制御正準型で返されます。

ある列がほかの列より少ない零点をもつ場合、z 内で Inf の値をプレース ホルダーとして使用することができます。

すべて折りたたむ

次の微分方程式に従う、減衰ばね質量系の状態空間表現を生成します。

測定可能な量は加速度 で、 は駆動力です。ラプラス空間では、このシステムは次のように表されます。

システムは、単位ゲイン、 における二重零点および 2 つの複素共役極をもちます。

z = [0 0];
p = roots([1 0.01 1])
p = 2×1 complex

  -0.0050 + 1.0000i
  -0.0050 - 1.0000i

k = 1;

zp2ss を使用して状態空間行列を求めます。

[A,B,C,D] = zp2ss(z,p,k)
A = 2×2

   -0.0100   -1.0000
    1.0000         0

B = 2×1

     1
     0

C = 1×2

   -0.0100   -1.0000

D = 1

アルゴリズム

単入力システムにおいて、zp2ss では複素共役対が A 行列の対角となる 2 行 2 列のブロックに分類されます。このため、零点と極は、実数、または複素共役対でなければなりません。

参考

| | | |

R2006a より前に導入