ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

sos2tf

デジタル フィルターの 2 次セクション型データから伝達関数型への変換

構文

[b,a] = sos2tf(sos)
[b,a] = sos2tf(sos,g)

説明

sos2tf では、与えられたデジタル フィルターの 2 次セクション型表現が等価な伝達関数表現に変換されます。

[b,a] = sos2tf(sos) では、2 次セクション型のシステム sos が離散時間システムを記述する伝達関数の分子係数 b と分母係数 a が返されます。H(z) の 2 次セクション型は、次により与えられます。

H(z)=k=1LHk(z)=k=1Lb0k+b1kz1+b2kz21+a1kz1+a2kz2.

sos は L 行 6 列の行列で、行にそれぞれの 2 次セクション型の係数を格納しています。

sos=[b01b11b211a11a21b02b12b221a12a22b0Lb1Lb2L1a1La2L].

行ベクトル b および a には、z の降べきの順で格納された H(z) の分子係数および分母係数が含まれます。

H(z)=B(z)A(z)=b1+b2z1++bn+1zna1+a2z1++am+1zm

[b,a] = sos2tf(sos,g) では、2 次セクション型で表された sos によって与えられる離散時間システムを記述し、ゲイン g をもつ伝達関数を返します。

H(z)=gk=1LHk(z).

すべて折りたたむ

簡単な 2 次セクション型システムの伝達関数表現を計算します。

sos = [1  1  1  1  0 -1; -2  3  1  1 10  1];
[b,a] = sos2tf(sos)
b = 1×5

    -2     1     2     4     1

a = 1×5

     1    10     0   -10    -1

アルゴリズム

sos2tf では、関数 conv を使用して、すべての分子と分母の 2 次多項式が乗算されます。8 次以上の高次フィルターでは、伝達関数を使用すると、丸め誤差による数値的な問題が発生することがあります。

R2006a より前に導入