ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

sos2zp

デジタル フィルターの 2 次セクション型パラメーターから零点-極-ゲイン形式への変換

構文

[z,p,k] = sos2zp(sos)
[z,p,k] = sos2zp(sos,g)

説明

sos2zp では、与えられたデジタル フィルターの2 次セクション型表現が等価な零点-極-ゲイン表現に変換されます。

[z,p,k] = sos2zp(sos) では、2 次セクション型のシステム sos が零点 z、極 p、およびゲイン k に変換されます。H(z) の 2 次セクション型は、次により与えられます。

H(z)=k=1LHk(z)=k=1Lb0k+b1kz1+b2kz21+a1kz1+a2kz2.

sos は L 行 6 列の行列で、行にそれぞれの 2 次セクション型の係数を格納しています。

sos=[b01b11b211a11a21b02b12b221a12a22b0Lb1Lb2L1a1La2L].

列ベクトル zp は、伝達関数 H(z) の零点と極を含みます。

H(z)=k(zz1)(zz2)(zzn)(pp1)(pp2)(ppm)

ここで、次数 n と m は、行列 sos によって決定されます。

[z,p,k] = sos2zp(sos,g) では、ゲイン g をもつ 2 次セクション型のシステム sos が零点 z、極 p およびゲイン k に変換されます。

H(z)=gk=1LHk(z).

すべて折りたたむ

2 次セクション型形式の簡単なシステムの零点、極およびゲインを計算します。

sos = [1  1  1  1  0 -1; -2  3  1  1  10  1];
[z,p,k] = sos2zp(sos)
z = 4×1 complex

  -0.5000 + 0.8660i
  -0.5000 - 0.8660i
   1.7808 + 0.0000i
  -0.2808 + 0.0000i

p = 4×1

   -1.0000
    1.0000
   -9.8990
   -0.1010

k = -2

アルゴリズム

sos2zp では、繰り返し tf2zp を使用して、各 2 次セクション型表現の極と零点が求められます。

R2006a より前に導入