Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

レポートの生成

レポート エクスプローラーのレポート処理の構成、レポートの実行

MATLAB® Report Generator™ レポートは、レポート エクスプローラーまたは MATLAB コマンドで生成できます。レポートを生成する前にオプションを指定して、出力ファイル形式 (PDF、HTML または Microsoft® Word) やファイルを出力する場所など、レポート生成処理の側面を制御できます。詳細については、レポートの生成を参照してください。

関数

report設定ファイルからレポートを生成する
rptconvertConvert DocBook XML files into supported document formats
docviewView or perform operations on Word document

レポートのコンポーネント

Stop Report GenerationHalt report generation
Time/Date StampInsert time and date of report generation into report
Evaluate MATLAB ExpressionEvaluate specified MATLAB expression
CommentInsert comment into XML source file created by report generation process

トピック

レポート生成オプションの選択

標準的なレポート エクスプローラーのレポートを使用して、生成するレポートのオプションを設定する。

Report Form

Set options for generated reports using form-based Report Explorer reports.

テンプレートを使用したレポートの生成

レポート エクスプローラーのアウトライン ペインで、レポートの最上位レベルのコンポーネントを選択します。

レポート ログ ファイルの作成

ログ ファイルはレポート設定ファイルのレポート生成設定とコンポーネントを記述します。

レポートのロケールの変更

Version 2.0 以降の MATLAB Report Generator および Simulink® Report Generator ソフトウェアでは、Oracle® Java® インターフェイスを通じてロケール (システム言語設定) を使用します。

XML ドキュメントを異なるファイル形式に変換

XML ソース ファイルを変換して、指定されたレポートを異なる形式で生成する。

レポート生成設定

レポート設定オプションの既定に設定するには、[Report Generator 基本設定] ペインを使用します。

トラブルシューティング

レポート生成の問題のトラブルシューティング

レポート生成の問題のトラブルシューティング方法