最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

レポートのロケールの変更

Version 2.0 以降の MATLAB® Report Generator™ および Simulink® Report Generator ソフトウェアでは、Oracle® Java® インターフェイスを通じてロケール (システム言語設定) を使用します。したがって、これらのソフトウェアではシステムで指定した言語が使用されます。

または、MATLAB コマンド ラインから言語を Java で直接変更することもできます。以下の例は、言語をイタリア語に設定します。

java.util.Locale.setDefault(java.util.Locale.ITALY) 
または、優先する言語を .rpt ファイルで直接設定することもできます。

  1. [レポート] コンポーネントを右クリックして [ワークスペースに送信] を選択します。

    これにより、変数 ans に格納されたレポートのプロパティが表示されます。コマンド ラインからこの変数を通じてレポートの Language プロパティにアクセスします。既定では、Languageauto です。これは、システムの既定の言語が使用されることを示します。

  2. このプロパティを目的の言語に変更して Language の既定値をオーバーライドします。たとえば、英語は en、イタリア語は it です。